カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
93位
アクセスランキングを見る>>

Ryanair ライアンエア-の場合

ライアンエア-もユ-ロウィングスの同じ日に設定してみました。
10月1日ケルン発、ロンドンスタンステッド空港着の8日の帰国です。
Screenshot_20190803-214905.png
行き先、日付を入れると、また時間の選択が3つくらい出てきます。
Screenshot_20190803-214922.png
行きは片道17,99Euroのようです。
Screenshot_20190803-214933.png
ここでも3種類のクラスがあって、
 ・Standard-Tarif  オプションを何もつかない  
 ・Plus 座席指定ができ手荷物は2つ、20kgまでの預け荷物込み、搭乗の際のプリオリティー付き
 ・Flexi Plus Plusの条件の他に、キャンセル可能なチケット
というようにサ-ビスの違いがあり、たたし、値段も
17,99Euro
50,10Euro
82,47Euro とこのように変わってきます。

帰りも便も調べると全く同じ値段体系で、Standard-Tarifクラスを選べば、なんと往復35,98Euroで行くことができますし、
このまま入力していくと、座席は往復8Euroで指定できました。
大きさ 55 x 40 x 20 cm で10 kgまでのトランクも片道6Euroで付けることができます。

また手荷物ですが、ライアンエア-の場合は、Standard-Tarifクラス でも 40 x 20 x 25 cmの大きさの手荷物は無料です。

なので、Standard-Tarifクラスでもオプションで座席指定して往復8Euro、また預ける荷物も往復12Euroなので、計20Euroでオプションで付けることができます。
20kgまでのトランクが必要な場合も往復30Euroの割り増し料金なので、色々希望が多い場合は初めからスタンダ-ドではなく、PlusやFlexi Plusにした方が安くなる場合もあるのでよく見てその時の状況で決めると良いと思います。

また例えばユーロウィングスの場合、同じ日程で
・ Basic  24,99Euro
・ Smart  57,99Euro
・ BIZclass 99,99Euro でしたが、

Basic ならば 8kg(55×40× 23cm)までの手荷物が持ち込めます。
一番リ-ズナブルな値段で比べると、

ユーロウィングス 片道 24,99Euro  8kgまでの手荷物可。
ライアンエア- 片道 17,99Euro+ 6Euro 23,99Euro(10kgまでの預け荷物可能でトランクの大きさ普通の大きいサイズを持ち込める)

と微妙に条件の良さが違ってきますので、ベルリンへ行った際は、両航空ともたくさんの選択があり、細かい条件(時間や空港の場所も含む)も違ってきますので、場合に応じて使い分けるといいと思います。

ただしライアンエア- になる場合、EU市民ではない私達はチケットを印刷して持っていかないと50Euroのチケット代を取られることになりますので、それだけはくれぐれも気をつけましょう。
オンラインサイトに明記されていますが、小さいので見逃すこともありそうですが、これさえ気をつければ、ユーロウィングスでもライアンエア-でもなんの問題もなく、安い価格で欧州中の旅行が可能となります。

調べているうちにロンドンへ行きたくなってきましたが、今年はしばらく家で静に過ごしたいと思います。
ロンドンはブレクジットの後に、ますますリ-ズナブルな旅行が出来ると良いな、と思いますが、ユ-ロをボンドにいちいち変えなければならず、子供達もEU身分照明カード(免許証並みにコンパクト)ではなくパスポ-トを用意して行かなければならないのが少々面倒になってきますね、EU市民ではない私にはどの道あまり変わりはないのですが…。

どうか皆さん良い旅を!


Eurowings ユーロウィングスの場合

今日はLCC格安航空のユーロウィングスを紹介させていただきます。

約2月半後の10月1日から8日の1週間の、今世界が注目している(ちょっと意地悪?!)ロンドンへの旅に設定。
出発はドイツ西部のケルン・ボン空港にしてみました。

ちなみにLCCの場合はドイツ国内ではなく外国へ行く場合は、好きな日にちを選べないという印象がありますが、ロンドンなどの大都市の場合は飛行機がたくささん飛んでいるので日付も時間もたくさんの選択肢がありました。
これが昨年のイタリア旅行の場合は1週間の旅か、10日、あるいは2週間か、そんな選択肢でしたが、それはLCCの Ryanairも同じで、今年のスペイン旅行はそのため8日間となりました。
Screenshot_20190731-224213.png
最初の画面でこのように出発地や行き先や日付けを入れます。
Screenshot_20190731-224237.png
色々な時間が出てくるので、好きな時間を選びます。
Screenshot_20190731-224255.png
そうするとこのように、
・ Basic 
・ Smart 
・ BIZclass    と三段間のクラスの値段が出てきます。
Screenshot_20190731-224303.png
Basic は8kg(55×40× 23cm)までの手荷物が持ち込めますが、座席や大きいトランクは別料金 
Smart は預ける23kgまでのトランク1つと8kg(55×40× 23cm)までの手荷物と座席付きで搭乗の際のプリオリティーが付き
BIZclas は預ける23kgまでのトランクが2つと、8kg(55×40× 23cm)までの手荷物と座席付きで搭乗の際のプリオリティーが付き軽食付き
…とこのような違いがあるようです。
次に帰りのチケットを取ります。
最初は10月7日帰宅にする予定でしたが
Screenshot_20190731-224416.png
8日帰りのした方が安いので変えます。
その中でもいくつかの選択肢が出てきたので一番安いチケットは片道29,99Euroですが、現実的には朝7時50分の出発は6時には空港に着いていないと心配な私には無理ですが…。
Screenshot_20190731-224530.png
往復のチケットを選択して先へ進むとこんな文面が出てきました。
Screenshot_20190731-224831.png
もしキャンセルをしたい場合は前日までは無料で、また出発の40分までは75Euroでキャンセルもできるということですが、これは
Eurowingsのビジネスクラスに当たる(そのようにホームペ-ジには書いてありますが少し違う気がしますが…)、BIZclassのチケットを購入した場合のみということで、他の安い2つのチケットの場合はキャンセルすることはできず、行けないというようなことがあれば、ただチケットは無駄になるということになります。

また格安チケットで気をつけなければならないのは、トランクの大きさや重さです。
規定を超えたものを持っていった場合、追加料金を取られますが、1つのトランクの追加料金が50Euroになるなら最初からSmartクラス、あるいはBIZclassのチケットを購入した方が良かった、ということになってしまします。

この画面の後から、個人情報を打ち込み、座席を予約するかどうかを決めていくペ-ジとなって行きます。
座席は場所によって多少違うのですが、3~8Euroくらいだったかと思います。

最後はクレジットカ-ドで支払えば完了で登録したメ-ルに予約確認書が送られてくるので、出発の2日くらい前にオンラインチェックインをして空港へ行けばチケットも手に入り、空港での手続きは非常に簡単になります。

印刷せずに携帯のバーコ-ドでのチェックインも可能ですし、もちろん全て携帯での予約も可能ですが、 RyanairはEU市民以外はプリントアウトしたチケットを持っていかないと50Euroくらいの罰金を取られると聞いてどんな時も一応印刷して持って行くことにしています。道中携帯を盗まれたり、落として壊したり、失くしたりするかもしれないことを考えれば、やはり印刷して持っていくにこしたことがないですよね。

次回は Ryanairの紹介です。



夏の旅行

8日間のスペイン旅行へ行っていました。
アンダルシアへの旅だったので、セビリア、グラナダ、ゴルドバをまわり、素晴らしい世界遺産をたくさん見た後、マラガで地中海を見て、最後またセビリアからドイツに帰国しました。

今年は4月5月とハンブルグ、ブレ-メン近郊、6月はフランスのストラスブ-ル、そしてこのスペイン旅行で、7月中旬には近郊のベルギー、オランダへも行き、なんとなく旅多いこの初夏からの数ヶ月でした。

ベルギー、オランダは我が家からは車で30分くらいで着くので、旅するというより、少し遠めの近所へという感じなんですが、昨年の旅行はイタリアだったことを考えれば、やはり大陸内の欧州での生活では他の国へ行くのも本当に簡単です。

EU内であれば、通貨は同じ、飛行機でなければパスポ-トチェックもなく、スマホのWiFiもドイツで契約したものをそのまま使うことができます。
そう考えるとイギリスはブレグジット後は本当に面倒な旅行先になるものだなぁ、と思ったり…新しい首相のボリス・ジョンソン氏はアメリカのトランプ氏に負けず劣らずの偏狭なお方のようで、イギリス人の心配もつきないことでしょうね。

ま、そんなイギリスは放っておいて、昨年の夏のフィレンツェ近郊のイタリア旅行でも、今回のスペイン旅行でも、私達の欧州内海外旅行で役にたっているのがLCC格安飛行機で、昨年のイタリア旅行は往復100Euroくらい、今年のスペイン旅行は往復150Euroくらいというリ-ズナブルさで、安いから心配とかサ-ビス、乗り心地悪いとか、そんな噂(本当だけど)はもろともせず、これからもLCC旅行で色々な国へ行きたいと思っています。

ドイツではスペインは暑いと言われて行って帰れば、私達が帰って来たときのドイツは42度という異常猛暑日で、厚さに慣れていないドイツは電車も満足に動かず、正直32度だったマラガより暑くびっくりでした!

旅行記はまたそのうち書きたいと思っていますが、日本も明日くらいから暑くなるようで、世界中どこも異常気象な最近なので、皆さん暑さに負けず頑張りましょう。

しかし、異常気象で暑くてもヨーロッパはどこを旅しても美しく、楽しく、またすぐどこの国へでも行けるというドイツの利便をつくづく実感できた、今回のスペイン旅行でした。

 


ついに Flixtrain に乗ってみた!

ce838f4c.jpg
この週末ついに念願の(?!)、格安電車 Flixtrain に乗りました。
ケルン駅からハンブルグ行きは時間通りに来て、座席も予約してませんでしたが、始発だったので6人掛けのコンパ-トメントに席を取ることができました。
Flixtrain98.jpg
若い女性ばかり6人で大変気分が良かったです。
…というのも格安チケットのため、乗客は若くて貧乏そう(すみません、でも本当に!)な…というか、まあ、もちろん学生みたいな人も多く、なんとなく混沌とした電車のしかもコンパ-トメントの1室で私以外は若い女性ばかりだった私の席は本当に恵まれていたと思います。
ft3.jpg
廊下はこんな感じですが、全部の車両がこんな風にきれいなわけではなく
DSC_0510.jpg
どちらかと言えばこのように古めかしい車内でした。
DSC_0512.jpg
「今から30年以上前のですか?」 というような車両もありますし、最初外から見たときは外観は掃除もされていないせいか、
「これってまさか50年くらい前の電車なんじゃ?!(少しオ-バ-かなぁ、でも本当に古めかしくて)」 というような車両もありました。
ft4.jpg
コンパ-トメントだけではなくこんな広々とした車両もあって、正直この車両は現代の電車より座席が広々と作られている感じでしたが、1つ1つの車両ごとにガラスのドアがついているのも(しかも自動では開かない、手で開ける)レトロな感じで逆に新鮮でした。
P1080761.jpg
それで帰りは今度はハンブルグからケルンへ帰宅でしたが、今回も時間通り来て、時間通りに到着。
Flixtrain の「DBと違って時間通り」という宣伝文句はあながち嘘ではないのかも、と思いました。
ドイツの鉄道 DB は年中遅れたり、来なかったりするので、 Flixtrain が時間通りな、日本の方から見たら当たり前のそんな些細なことが、これまた新鮮だったんです。

それで運賃ですが、
行きが、   19,99 Euro
帰りが、   9,99 Euro  + 座席指定 3,50 Euro  にて 13,49 Euro
往復にて合計    33,48 Euro  (日本円で 4200円)

という破格に安い、片道約400km、4時間ちょっと(時間もICEとかわらなくて、ほぼ同じ速さで運行してるんです)のプチ旅行をしていた週末でした。

しかしながら、最近もう一度格安飛行機を見たら、ケルン-ハンブルグ間が30 Euro というのもあり、
「えっ! 飛行機の方がいいかも!」とも思いました。
飛行機なら片道1時間しか時間もかからないんです。

ただこの Flixtrain の最高に良い点は直前まで5 Euro 以内でキャンセル可能というところでしょうか。
飛行機やDBの場合、早めに格安のものを買ったら、ほぼキャンセルは不可能、つまり払ったお金は返ってこないということになります。
また驚くことに今日 Flixtrain から来た広告メ-ルでは、このケルン-ハンブルグ間が4,99 Euro というのもあるらしいですから、こんな激安なら多少車両が古くてもなんのその、なんではないでしょうか。

用途に応じて、安いチケットで色々旅行するのも楽しいですよね。

ニコラウス修道会ホテルに宿泊

先週用事があってホテルを探していたら修道会ホテルというのを見つけました。
1人29Euroとあまりにも激安だったため、どうしても試しに泊まってみたくなり予約してみたんです。
Nikolauskloster4.jpg
長男、次男が通っていたギムナジウムも修道会の学校で、まさにこんな雰囲気でしたが修道会は時々ハリ-ポッタ-の世界のようにロマンチックで私は好きです。
Nikolauskloster3.jpg
入口はこんな感じ。
ただ私が着いたときは夜21時で建物が照明に照らされている以外は全部真っ暗で、ロマンチックというよりは少々怖かったくらいでしたが…。
DSC_0460.jpg
中は広い廊下で、ここも夜遅かったせいか誰もいなくて、電話を見つけて神父様に来てもらって会計を済ませ、
DSC_0462.jpg
なんだか邸宅のような、重厚な作りの階段を登り、
DSC_0463.jpg
とても素敵なマリア様の像を横目に見ながら部屋に着きました。
DSC_0466.jpg
部屋はいたってシンプルでトイレとシャワ-室は廊下を出て共有スペ-スということでした。

夜部屋をでるのが怖いかな、と心配していたんですが、夜中でも大きな廊下は灯りがこうこうと着いていて、その上廊下はマリア様だらけで、怖がりな私も全然こわいと思わずにすみました。
DSC_0467-1.jpg
どのマリア像も本当にとても愛らしいマリア様でした。
Nikolauskloster 001
ここの礼拝堂はこんな風に素敵なんだそうですが、私は次の日も朝6時半には出なければならなくて、礼拝堂どころか朝食すら食べることができなくてがっかりでした。
神父様方はここで手作りでハチミツ、パン、、ジャム、ワインなどを作っておられるそうなので、今度階に行ってもいいくらい、と思いました。
結婚式もできるそうなので、息子のうち誰かはここで結婚式をしてくれたら良いなぁ、と思うほどに気に入ってしまいました。
niko1.jpg
デュッセルドルフから20kmほどの距離ですが、NRW州を旅したい方は一度是非お試しください。
普通のホテルと違う気分が味わえます。
質素ではありますが、心が癒される、そんな感じでした。

また機会があったら是非泊まりたいです!


Nikolauskloster
D-41363 Jüchen

 | ホーム |  » page top