カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
93位
アクセスランキングを見る>>

ついに Flixtrain に乗ってみた!

ce838f4c.jpg
この週末ついに念願の(?!)、格安電車 Flixtrain に乗りました。
ケルン駅からハンブルグ行きは時間通りに来て、座席も予約してませんでしたが、始発だったので6人掛けのコンパ-トメントに席を取ることができました。
Flixtrain98.jpg
若い女性ばかり6人で大変気分が良かったです。
…というのも格安チケットのため、乗客は若くて貧乏そう(すみません、でも本当に!)な…というか、まあ、もちろん学生みたいな人も多く、なんとなく混沌とした電車のしかもコンパ-トメントの1室で私以外は若い女性ばかりだった私の席は本当に恵まれていたと思います。
ft3.jpg
廊下はこんな感じですが、全部の車両がこんな風にきれいなわけではなく
DSC_0510.jpg
どちらかと言えばこのように古めかしい車内でした。
DSC_0512.jpg
「今から30年以上前のですか?」 というような車両もありますし、最初外から見たときは外観は掃除もされていないせいか、
「これってまさか50年くらい前の電車なんじゃ?!(少しオ-バ-かなぁ、でも本当に古めかしくて)」 というような車両もありました。
ft4.jpg
コンパ-トメントだけではなくこんな広々とした車両もあって、正直この車両は現代の電車より座席が広々と作られている感じでしたが、1つ1つの車両ごとにガラスのドアがついているのも(しかも自動では開かない、手で開ける)レトロな感じで逆に新鮮でした。
P1080761.jpg
それで帰りは今度はハンブルグからケルンへ帰宅でしたが、今回も時間通り来て、時間通りに到着。
Flixtrain の「DBと違って時間通り」という宣伝文句はあながち嘘ではないのかも、と思いました。
ドイツの鉄道 DB は年中遅れたり、来なかったりするので、 Flixtrain が時間なことはこれまた新鮮だったんです。

それで運賃ですが、
行きが、   19,99 Euro
帰りが、   9,99 Euro  + 座席指定 3,50 Euro  にて 13,49 Euro
往復にて合計    33,48 Euro  (日本円で 4200円)

という破格に安い、片道約400km、4時間ちょっと(時間もICEとかわらなくて、ほぼ同じ速さで運行してるんです)のプチ旅行をしていた週末でした。

しかしながら、最近もう一度格安飛行機を見たら、ケルン-ハンブルグ間が30 Euro というのもあり、
「えっ! 飛行機の方がいいかも!」とも思いました。
飛行機なら片道1時間しか時間もかからないんです。

ただこの Flixtrain の最高に良い点は直前まで5 Euro 以内でキャンセル可能というところでしょうか。
飛行機やDBの場合、早めに格安のものを買ったら、ほぼキャンセルは不可能、つまり払ったお金は返ってこないということになります。
また驚くことに今日 Flixtrain から来た広告メ-ルでは、このケルン-ハンブルグ間が4,99 Euro というのもあるらしいですから、こんな激安なら多少車両が古くてもなんのその、なんではないでしょうか。

用途に応じて、安いチケットで色々旅行するのも楽しいですよね。

ニコラウス修道会ホテルに宿泊

先週用事があってホテルを探していたら修道会ホテルというのを見つけました。
1人29Euroとあまりにも激安だったため、どうしても試しに泊まってみたくなり予約してみたんです。
Nikolauskloster4.jpg
長男、次男が通っていたギムナジウムも修道会の学校で、まさにこんな雰囲気でしたが修道会は時々ハリ-ポッタ-の世界のようにロマンチックで私は好きです。
Nikolauskloster3.jpg
入口はこんな感じ。
ただ私が着いたときは夜21時で建物が照明に照らされている以外は全部真っ暗で、ロマンチックというよりは少々怖かったくらいでしたが…。
DSC_0460.jpg
中は広い廊下で、ここも夜遅かったせいか誰もいなくて、電話を見つけて神父様に来てもらって会計を済ませ、
DSC_0462.jpg
なんだか邸宅のような、重厚な作りの階段を登り、
DSC_0463.jpg
とても素敵なマリア様の像を横目に見ながら部屋に着きました。
DSC_0466.jpg
部屋はいたってシンプルでトイレとシャワ-室は廊下を出て共有スペ-スということでした。

夜部屋をでるのが怖いかな、と心配していたんですが、夜中でも大きな廊下は灯りがこうこうと着いていて、その上廊下はマリア様だらけで、怖がりな私も全然こわいと思わずにすみました。
DSC_0467-1.jpg
どのマリア像も本当にとても愛らしいマリア様でした。
Nikolauskloster 001
ここの礼拝堂はこんな風に素敵なんだそうですが、私は次の日も朝6時半には出なければならなくて、礼拝堂どころか朝食すら食べることができなくてがっかりでした。
神父様方はここで手作りでハチミツ、パン、、ジャム、ワインなどを作っておられるそうなので、今度階に行ってもいいくらい、と思いました。
結婚式もできるそうなので、息子のうち誰かはここで結婚式をしてくれたら良いなぁ、と思うほどに気に入ってしまいました。
niko1.jpg
デュッセルドルフから20kmほどの距離ですが、NRW州を旅したい方は一度是非お試しください。
普通のホテルと違う気分が味わえます。
質素ではありますが、心が癒される、そんな感じでした。

また機会があったら是非泊まりたいです!


Nikolauskloster
D-41363 Jüchen

ヨーロッパ格安航空会社-LCCとは その1

今回、バス、電車と格安旅行の方法について考察してみましたが、

Flixbus はバス移動で時間がかかりすぎる

という問題と、

Flixtrain は週末しか走っていない区間もあり、その週末にしても時間の選択肢が少ない

という問題があります。

そうこう考えると、欧州内移動に最も適しているのは実は飛行機なのではないかと思えてきました。

と、いうのも私は格安航空会社LCCの代表とも言える、Eurowings(オイロウィングス)とRyanair(ライアンエア-)を昨年初めて使って、イタリア、ベルリンへ行ったんですが、その時の印象がとても良かったからなんです。

本当に格安で、共に往復で100Euro以下だった上、特に何の問題もなく順調に移動できました。
移動時間も1時間や1時間半くらいと、すぐ隣に隣国があるという欧州ならではの移動時間で、あまり時間のない旅行日程の場合、これほど時間と旅費を節約できる移動方方法はないでしょう。

ということで、これからしばらくはこのEurowings(オイロウィングス)とRyanair(ライアンエア-)について、私のわかる範囲でご紹介をさせていただきたいと思います。



FLiXTRAIN(フリックストレイン)-ドイツ格安長距離電車 その5

手荷物超過持込みについてなんですが、この画面で
094743.jpg

Zusatzgepäck hinzufühen というところを選ぶと手荷物の追加が2Euroで、できます。

094754.jpg

ですがそもそも追加しなくても、

手荷物(7kgまで) 1つ
旅行カバン(20kg) 1つ

は、最初から含まれています。
なので旅行トランクが2つくらいある場合のみ、追加しなければいけないということですね。
また追加できるカバンも、1つ20kgまでということです。

また座席指定に関してなんですが、窓際 3,99Euro だと、通路側だと 3,49Euroで、
2人掛け、3人掛けと選択もできます。

私が個人的に乗ってみたいのは、Hamburg を夜の21:30に出発して、 Lörrachに 翌日のお昼12:20に着く夜行列車で、
815km を 14時間50分かかって、 40,98Euro です。
この Lörrach(レラハ)はドイツで一番スイスよりの街で、国境の街です。
スイス、バ-ゼルまでは電車で20分くらいのようです。

ハンブルグからレラハまで夜行列車で横断して、次の日にはスイスへ散歩、とか大陸ならではの醍醐味ではないですか。

ただこの夜行列車、途中フランクフルトしか停車しないようで、ケルンからとか乗車できないようなのが残念です。
ちなみに Frankfurt から Lörrach 間は約15,99Euroで5時間20分 くらいの道のりです。


私は、やっと4月か5月には FlixTrain でハンブルグへ行く予定です。
その時こそは皆さんに実際の使い心地をご紹介できるので、またその際にこちらにてご報告させていただきます。
しばらく時間がかかりますが、どうか気長にお待ちくださいませ



FLiXTRAIN(フリックストレイン)-ドイツ格安長距離電車 その4

今回はFlix Train のキャンセル方法に ついて書かせていただきます。

Flix Train と Flixbus のすごいところは、出発予定時間の15分前まで変更が可能ということなんです。
Flix Train のアプリでは自分の予約したチケットを見ることができるのですが、キャンセルしたいチケットをクリックして、下の方にある
Buchung ändern
というところをクリックしましょう。
そうするとここにも発車の15分前まで変更が可能とでてきます。

そして肝心のキャンセル料金はということなんですが、
30日以上前  無料
14日から29日前まで   1Euro
13日から3日前まで    3Euro
2日前から        5Euro

という非常に良心的な金額です。

ただこれは次回に使えるチケット代という形で返ってくるので、2度とこのFlix Train、あるいはFlixbusを使用しないという場合には、損してしまいますが、Flixbus会社では自分のチケットだけではなく、友人、家族のチケットも簡単に購入することができるので、いつかまた買う可能性はなんとか作れるのではないでしょうか。

DB(ドイツのJR)の場合、キャンセル、または変更は10 Euroから19Euroで、しかも前日までしかできません。
3ヶ月くらい前に格安で購入した場合は、そもそも変更もキャンセルもできないこともあります。
現金で戻ってくるとはいえ、当日変更の場合は泣く泣く捨てるしかしなわけで、その点Flix Train の発車15分前まで可能というのは大変良いサ-ビスだと思います。

なんだか今やFlixbus会社の宣伝マンと化しているかのような私なんですが、成り行き上次回は、荷物持込みの追加料金とその他の注意点などを書きたいと思います。

最近いやに頑張ってFlixbus会社について書いてますが、だからといってFlixbus会社の回し者とかそういうことは一切ありませんので、あしからず




 | ホーム |  » page top