プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

ドイツ 伝説の子供映画  「Die Wilde Kerle」 まとめ

それでこちらが新作「Die Wilde Kerle」の子供達
349957.jpg
こちらが旧作「Die Wilde Kerle」の子供達
w964.jpg
今回のシリ-ズで一番の感動シ-ンは子供達が伝説の「Die Wilde Kerle」についに会うところで
wild.jpg
私も本当に身を乗り出してこの場面を見てしまいました。
彼らがとてもなつかしかったんです。

ところで旧作の主役のレオン ジミ-・ブル-はこんなにきれいな男の子でした。
226256_4V8WN7SVYSIJZ2YI6N5M7IVQX86NFQ_blumi9_H204615_L.jpg
そしてヴァネッサ役のサラ・キムはこんな美少女でした。
vanessa.png
シリ-ズ4話の頃もまだ面影は残っています。
vaneleon.jpg

そしてこちらが今回の最新作での2人でした。
hqdefault.jpg

hqdefault2.jpg

ジミー・ブルーのお兄ちゃん、ビリ-君はジミーとは違うタイプでお父さん似であまりハンサム君ではないと思うんですが、彼はそのかわりすごく個性的で、話すのも上手です。ここでも大人のように堂々と話している姿に好感が持てます。
2人が1作目に出演した頃の番組を見つけました。
2人で目に色つきコンタクトレンズ入れて、「サイコみたいでしょ」と言っているあたりもなんとなくかわいいです。

お父さんのように個性的で有名な俳優さんになっていってほしいですね。

ところで、うちの長男の当時の親友は、ジミー・ブルーにそっくりで彼より美貌の持ち主でした。
A君という名前ですが、大きくなったらもうジミーには似てなくて、現在のジミーよりかっこ良いです。
いかんせんA君はまだ17歳で、ジミ-はもう24歳ですから7歳の差は大きいですよね。
欧米人は子供時代の頃は天使並みにきれいな子もいるんですが、20歳過ぎるとすごく早く普通になっていきますね。
老けるのが早いのかな、と思います。

ところでこれは日本で「サッカーキッズ物語」という名前で翻訳されてでていると情報をいただきました。
ご興味ある方は是非ご覧下さい。

READ MORE

ドイツ 伝説の子供映画  「Die Wilde Kerle」シリ-ズ6

それでこちらが昨日見てきた、ニュ-バージョン「ワイルドなあいつら、伝説は生きていた!(あぁ、あいかわらずの私のひどい翻訳ぶり!!)」、シリ-ズ6作目の予告版です。



何が嬉しいといって、ジミ-・ブル-のレオン、マロン、ヴァネッサやだらしない監督のビリィが出てきたことはもちろんでしたが、゛デブなミッシィ゛が大人になってス-ツ姿であいかわらずむしゃむしゃ口にものをつめこみながら出てきたことは最高でした。
旧作のファンは、彼の登場に皆さぞや喜んでいたことと思います。
゛デブなミッシィ゛がいなければ面白さは半減していたことでしょう。

それにしてもかっこ良かったレオンは普通の青年に、ヴァネッサもこれまた普通の人になっていたのは少し残念でした。
子供時代の2人(特に1作目)は本当に輝きをはなっていたのに、しばらく銀幕から遠ざかっただけでその輝きも消えてしまったかのようでした。
それでも彼らが登場したときは、旧知の友にでも会うかのごとく気分が高揚しましたが。。。

機会がありましたら、皆さんも是非一度どうそ。

ドイツ 伝説の子供映画  「Die Wilde Kerle」シリ-ズ1

今日は三男と映画館へ行ってきました。
長男と次男が小学生低学年の頃よく見ていた映画のシリ-ズ6作目が先週公開されたからです。

シリ-ズ1が2003年に公開されてから、ほぼ毎年シリ-ズ化されていた映画でしたが、シリ-ズ5の2008年を最後にシリ-ズは終わっていました。
1作目で12歳だった主人公のレオンも、5年という時が経つうちに少年から青年になり、子供時代のキラキラした映画の雰囲気が中心だった内容もかわり、それに伴い見ていた子供達も同じように大きくなり、うちの子供たちにしてももう5作目が映画館で上映された頃には見に行きたいという年ではなくっていました。

村(小さな町?)の少しやんちゃな少年たちがサッカ-で、デブで意地悪な Dicker Michi (大きいミッシー)に立ち向かうという話ですが、何度見ても飽きることないよくできた映画で、私もこの1作目は大好きで多分20回以上は見ていると思います。
何度見ても子供達の頑張りぶりがかわいくて、最後どういういわけかジ-ンとくる映画でもあり、見終わったあとはいつでも爽快な気分ににさせてくれる映画です。

原作は本なんですが、原作の本もこの映画も2003年時に子供だったドイツ人は必ず誰でも知っていて読むなり見るなりしているでしょう。
キャラクタ-グッズというものをほとんど製作しないドイツでも、この頃はこの「Wilde Kerle」グッズがどこでも売られていて、私も子供達のためにリュックサックを2つ買い、今では両方を三男が使っています。

この映画の主役のレオンとマロンは実生活でも兄弟で、お父さんは有名な俳優さんで、この映画の中のマックシのお父さん役で競演してます。レオン役のジミ-・ブル-は顔立ちも雰囲気も本当に超生意気! というムードなんですが、そこが彼の一番の持ち味でした。
ヒロインのヴァネッサもこの1作目は本当に愛らしくて、誰でも彼女に恋してしまうのが理解できます。
ヴァネッサのお祖母ちゃん役もドイツでは有名な女優さんだということで、ものすごくいい味だしてます。
お祖母ちゃんが出てくるシ-ンは誰もが好きな場面の一つでしょう。

中でも一番有名なのは、試合が始まる前の子供達の雄たけびで

「 Alles ist gut, solange du wild bist! 」(全部大丈夫、君がこのままでいられる限りは!)

これは本当にすごくかわいいです。

人生をこんなに仲間たちと楽しめる、何かに夢中になれるこんな男の子達になってほしい、と当時息子達に願い、よく一緒に見ていたものです。
この映画は私の忙しかった当時の子育て時代を思い出させてくれます。
ある意味男の子の子育ての教本のようでもありました。この勉強は全くしてそうにない、バイクのような自転車を乗り回し、サッカ-も仲間内とするだけで、悪態つき放題のこの男の子達が教本、というのもおかしな話でしょうけれど、それでも当時はこんな風に育ってくれれば満足、と思ってこの映画を見ていたんですよね。子供時代でしか体験できない生きる喜びが溢れている映画だからです。

シリ-ズ1作目のトレ-ラ-です。興味のある方はご覧下さい。


この映画では「悪い言葉」「悪態のつき方」もかなり覚えることができますので、そういう意味でもお勧めです☆
実際に大人が使ってはいけないですけれどね。子供は使ったとたん大人から即刻怒られる言葉のオンパレードです、念のため。。。

「クロ-ド氏とその娘達」- クリスチャン・クラヴィエ

昨夜は息子達に誘われて映画を見てました。

次男がフランス語の授業で見たという、2014年の
フランスのコメディ-映画でした。
TVでドイツ語で見たんですがドイツ語名は
「MONSIEUR CLAUDE UND SEINE TÖCHTER
(クロ-ド氏とその娘達)」で、ルイ・ド・フュネス亡き後、
フランス映画界コメディのトツプスタ-といえばこの
クリスチャン・クラヴィエ氏ということで彼の主演の映画です。
clau2.jpg
この映画なにが可笑しいといって、裕福でこれまたレイシストな彼の自慢の美貌の
4人の娘達が上から順番にまずユダヤ教徒、イスラム教徒、中国人と結婚します。
clau3.jpg
そして最後の望みだった娘が(クロ-ド氏は娘が普通にフランス人と結婚してくれることを希望)
アフリカ系黒人を結婚相手として連れてくることから巻き起こる、色々な騒動です。
clau4.jpg
その上、その黒人のシャルルのお父さんも裕福なエクアドル人で、これまた
人種差別者(白人嫌い)で最初はクロ-ド氏と全く馬があいません。
clau5.jpg
ところが自分達の胸のうち(お互いレイシストであるという)をさらけだすうちに
意気投合、お酒も飲んで2人で警察にもつかまり、結婚式では
親友かと思うほど仲良しになりめでたしめでたし、で物語が終わります。

私が特に好きだったのは、刑務所に娘4人のそれぞれのパ-トナ-が男4人で
クロ-ド氏とシャルルのパパを迎えに行くシ-ンでした。
警察官の対応がなんだか妙に笑えました。

ところで私自身日本人ですから、そのハ-フでアジア系と見られる息子達は
クラスでこの映画を見てどういう気持ちだったんだろう、と一抹の不安も
よぎりましたが(たいていの欧米人にとって日本人も中国人も同じですから。
私達にとってフランス人もドイツ人も、あるいはスペイン人でもあまりからないように)
でも映画自体が軽い作りで、なんといってもクリスチャン・クラヴィエ氏はじめ
奥さん役のシャンタル・ラウビィさん、そしてシャルルの両親もいい味を出していました。
私はこのクリスチャン・クラヴィエ氏がジャン・レノさんと競演した
「おかしなおかしな訪問者(1993年)」シリ-ズ3部作がかなり好きでした。

ちなみにこのフランス語の原題は
「Qu'est-ce qu'on a fait au bon Dieu ?(神様、私達がなにをしたっていうんですか?) 」
英語バージョンは
「Serial (Bad) Weddings(ひどい結婚式)」とドイツ語もいれて3カ国で全く違います。
日本ではどんなタイトルがつくのか楽しみですね。

ルイ・ド・フュネス『パリ大混戦』ー Le Grand Restaurant

これはルイ・ド・フュネスの有名な「Le Grand Restaurant」
(大レストラン-邦題「パリ大混戦」)の中で、ルイ・ド・フュネス演じる
パリの有名な大レストラン「シェ・セプティム」の支配人セプティムが
ドイツ人のお客さんと話しているうちに、お顔に陰影ができて
ヒットラ-のようになっていくシ-ンです。

最初はフランス語にドイツ語交じりで話し始めたのが、最後には完全に
ドイツ語になってしまいます。
ヒットラ-そっくりで笑えます。

その中でボ-イさん達とのダンスシ-ンですが、うちの三男は幼児の
頃からこの場面が大好きでした。

最後なぜかロシア人みたいにコザックダンスになってしまって
セプティムが「ここはロシアじゃないぞ!!!」と怒鳴るシ-ンです。

ここでもルイ・ド・フュネスのダンスを満喫できます。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック