プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

面白いト-マス・ミュラ-とシュバイニ- インタビュ-

W杯直後にはこんな動画もドイツで話題でした。

ト-マス・ミュラー氏がW杯で2番目の得点王だったため
金靴賞でははく銀靴賞を贈られたことについて
(金靴賞はロドリゲス、銅靴賞がネイマ-ルで
ちなみに大会MVPのゴールデンボール賞はメッシで、
シルバ-ボ-ル賞がまたト-マスさん)
ブラジルのレポ-タ-がそれはどう思うかインタビュ-を
したんですが、
「金靴賞なんてそんなものどうでもいいよ、自分達は優勝カップがあるんだぜ、
そんな賞なんて耳の後ろにでもぬっちゃえよ」と思いっきりバイヤンの方言で返答。

全く理解できなかったインタビュア-が
シュバイニ-に通訳をお願いすると
「彼はあなたがとても素敵(親切)であり、彼は自分の賞をとても
誇りに感じていると言っています。」と訳してあげるというものなんですが
この2人って最高ではないですか?

今回W杯のためブラジルに奥さんを同伴しなかったことについて
なぜしなかったのかと、インタビュ-されたときにも
「彼女は僕のハンドバックじゃないよ、彼女には彼女のしたいことが
あるんだよ」と返答していました。
müller
(素敵な奥様ですね)
ト-マス・ミュラー氏の返答はいつもセンスありすぎです。

「隣りのお兄ちゃん」風、ト-マス・ミュラー氏の今後の活躍(と発言)に
今後もますます目が離せません。


インタビュ-原文
"Des int'ressiert mich ois net, der Scheißdreck. Weltmeister samma,
den Pott hamma. Den scheiß gold'nen Schuh kannst' dir hinter die Ohr'n schmier'n." -
Literally: " This interests me not, this shit trash. We are now world champions,
we have the cup! The shitty golden shoe can you smear behind your ears !! "

W杯 ドイツ代表凱旋帰国

WM 1
月曜日と日曜日はドイツワールドカップ優勝で
ドイツ国中は大騒ぎでしたが、昨日はそのドイツ代表チ-ムが
凱旋帰国ということで、ベルリンはお祭り騒ぎでした。
Fanhansa-3-.jpg
Lufthansa は Fanhansa と名前を書きかえ、選手達を飛行場に
降ろしたあとも飛行機をベルリン上空に飛ばしていました。
WM 4
ブランデンブルク門では前日から車の中で夜明かしして場所を陣とっていた
熱狂的なファン達もいて、この日は50万人がベルリンにつめかけたそうです。
WM 6
選手達はブラジルのキャンプ場で同じホテルだったメンバ-と
6人ずつ(最後は5人)に分かれて登場したんですが、さすが
芸達者なドイツ人軍団は、グル-プ毎に趣向をかえ、ショ-を見ているようで
楽しめました。
WM 2
中でも一番芸達者なトーマス・ミュラ-氏に期待していたら
4人で小さなフィリップ・ラムを後ろに隠し、ステ-ジの真ん中で
4人が倒れ、そこからポカ-ルを持った小柄なラム・キャプテンが華々しく登場!! という
E38389E382A4E38384E4BBA3E8A1A8E587B1E6978BE4BB8AE381A8.gif
とても可愛らしい(?)パフォ-マンス後、ドイツ特有の勝者お決まりに歌まで
披露してくれました。
(しかしこのパフォ-マンスではなんといってもラム氏の小柄さがキ-ワ-ドでしょう。)
WM 3
歌といえば、今大会新記録を樹立した、ミロスラフ・クロ-ゼ選手や、今大会国際FIFAの
デ-タでは実は一番の活躍ぶりだったトニ・クロース選手、最後の決勝ゴ-ルを決めた
マリオ・ゲッツェ選手も入ったグル-プの歌った
"So gehen die Gauchos, und die Gauchos, die gehen so" がドイツ国内で現在
論議を巻き起こしているようで、今日はTVでもラジオでもこの話題で一色です。
German-soccer-players-from-left-Roman-W.jpg
゛die Gauchos゛ というのは、ドイツ語で南米人を指す
ニックネ-ム(カウボ-イ)のことだそうで
「アルゼンチン人はこんな風に(頭を下げて)歩き、ドイツ人は胸をはって歩く歩く」というような
歌なんですが、負けた相手をこんなに馬鹿にするとは何事だ!! と怒っている
お偉いさん方も中にはいるようで、
- まあまあ、ただのお祝いじゃない。
- どうせアルゼンチンだって、同じことしてるわよ、
- どうしてドイツではいつもこんなことが議論になるのかしら。
  冗談が通じない国ね。。
などと色々な意見が出ているそうです。

それにしても優勝で出たボ-ナスが一人当たり、4000万円だそうで
1990年に優勝したときのボーナスが当時8~9万円くらいだったことを考えると
24年でどのくらいサッカ-業界が成長したかわかるというものですね。
WM 5
でもこの選手の方達はどのみち皆さん億万長者さん方なんで、
4000万円のボーナスなんかより、お金では買えない優勝が本当に
嬉しかったことでしょう。

優勝後もまだまだ大騒ぎのドイツでした。

W杯 ドイツ優勝

27805138,28017638,highRes,GYI_452111562
ドイツでは21時から始まった決勝戦。
ほとんどのドイツ人の予想を裏切ることもなく
延長戦の末、24年ぶりについに優勝してしまいました。
27805222,28017895,dmFlashTeaserRes,MDF96276
ゴ-ルキ-パ-のノイヤ-氏は、当然ながら
今大会のベストキ-パ-に選ばれ
messi.jpg
メッシさんは、今大会のMVPでしたが、賞を授与した際の
本当に不幸せそうなお顔は見ていてとても気の毒でした。。。
「優勝したかったんだよ、こんな賞もらうよりも。
もう腹立つから、帰らせてくれよ。」ってな感じでした。。

アルゼンチンは前半21分に、イグアイン選手の決定的なゴールチャンスもあり
メッシ氏も何度かフリ-キックもゴールチャンスもあり、それが決まらなかったので
負けたのは仕方なかったと思います。。。運がなかったということでしょうか。

それにしてもこの試合で大健闘だったのは
Schwe.jpg
目の下を切ってしまいお顔が血だれけになってしまったシュバイニ-様
(それだけじゃなくなんだか今日はたくさん怪我していたようですが)
Boa.jpg
そしてアタッカ-を必ず最後で食い止めた、ディフェンスの
王者ボアテング様でしょう。後方に彼が控えているかぎり、
ドイツの守備を突破することは至難の業でしょう。
そして一番最後がなんせ世界最高のゴ-ルキ-パ-
ノイヤ-様ですからさすがのメッシ氏でもそれを切り崩すことはできなかったんですね。

とにかく星が4つに増えて、本当に嬉しいドイツです!!!!

W杯 準決勝 ドイツ対ブラジル

今、ドイツ対ブラジル戦が終わりましたが
7対1の圧勝に、途中からドイツの優勢ぶりに
なんとなく見る気も失せた試合でしたが
(もちろんドイツを応援しているんですが、ここまで圧勝だと
ワクワクドキドキ感はなくなりちょっと退屈になりますよね)
それにしてもファウルを一つもすることなしに
ここまで勝ててしまうドイツって一体どのくらい強いんでしょうか。
決勝ト-ナメントでのいくつかの不出来な試合は、
もしや敵を油断させるための戦略だったんでしょうか。
自分の国でもない高温多湿のブラジルで、強豪ブラジルに
7対1とは恐れ入りました。。。

ただドイツ代表はバイヤンミュンヘンの選手が多いですから
普段のリーグ戦とメンバ-もあまり変わらずに戦えるのは
正直楽でしょうね、お互い熟知しているでしょうし。

他の国に比べ、まず体格で優れていて、規制もとれていて、
技術力もあり、その上戦略でも負けず、感情をコントロ-ルする抑制力もある
良い所だらけのドイツで、その上100年の伝統もあるドイツですが、
正直ここまで強いとはびっくりでした。

このまま優勝まで、まっっしぐらで進んでほしいものですね。

W杯 ロッベン様

140707 003
うちの長男は今日、友達とスペイン旅行へ旅ちました。
バスの往復と8日間の宿泊と食事、そして付き添い(ガイド兼お世話係り)も
ついて500ユーロくらいで参加できる少年パッケ-ジ旅行という
便利なツア-がドイツにはあります。
140707 024
しかしながら安い方のバスツア-を選んだ長男は今から24時間かけて
スペインに着きます。(割高で飛行機という選択もできます。)
若いときしかこんな大変なことはできないでしょうから
良い経験になるでしょう。


さて週末の試合でPKを決め、またも活躍のロッベン様でしたが
こんな貴重な写真が出ていることを知りました。
news_icon_l_142686_9.jpg
コスタリカ戦に来ていらした、奥様とお子さんです。
news_icon_l_142686_14.jpg
まあ、なんてかわいい坊や君なんでしょう、と
正直びっくりしました。
きっとお母さん似なんでしょうか。良かったですね。

この日はダイブはしなかったものの、フリ-キックで審判が
後ろを向いて去っていくとき、決められていた場所より、より
方向がゴ-ルに向いている場所にボ-ルをササッと転がし
蹴っているお姿を拝見しました。

あいかわらず狡猾なロッベン様で、あさってのアルゼンチンとの準決勝では
どんな戦いぶりを見せて下さるか楽しみです。

正直、いつでもまっとうに戦っているドイツの紳士的な試合よりも、
今では楽しみなロッベン様です。
こんな写真1枚でも、いつも楽しませてくれます。
やっぱりファンになりつつあるのかもしれません。。。ホント言って
全然好きじゃないんですけれど、試合にロッベン様がいないのは
妙に物足りないと感じる今日この頃です。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック