プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

三男 ギムナジウム入学

長男の大学行きが無事決まり、次男の留年も確定して、昨日は三男のギムナジウム入学でした。

長男・次男と同じギムナジウムへ入学できなかった彼のギムナジウムは公立のギムナジウムです。
雰囲気はカトリック系私立のギムナジウムとはなんとなくただよう空気が違う、という印象を受けました。
160824_031_convert_20160826055821.jpg
でもこのギムナジウムは昔の町の城壁跡で、16世紀前半には建てられたもので、ハプスブルグ家にして神聖ローマ帝国皇帝であり、スペイン王でもあった有名なカール5世の軍や、ナポレオン軍が滞在した歴史的に大切な場所でもあります。
160824_033_convert_20160826064521.jpg
橋を渡るとこんな洞窟みたいな場所(城壁の壁)を通り、
160824_034_convert_20160826064714.jpg
学校の前には、なんと博物館の窓口まで。
160824_036_convert_20160826065102.jpg
校舎はこんな感じです。
160824_029_convert_20160826063911.jpg
彼ら低学年のときの教室は少々離れた場所にありますが、歴史は好きな私なので、このギムナジウムも好きになれそうです。。。

でも私が気に入ったかどうかは本当はどうでもよくて、とにかく三男が気に入ってくれたようで安心しました。
幼馴染とともに同じクラスへ入ることもできました。

3人とも新しい生活がそれぞれ始まります。
留年した次男はひとつ下の学年にいきました。
でも7月生まれの彼は本来ならその学年でもぎりぎりOKだったので、まあ、良しとしましょう。
今年は心を入れ替えて頑張ってくれることを祈って…。


長男 大学入学届け

アビィが無事に終わった長男は10月から大学生になりますが、今日はその大学の入学申し込み日でした。
長男の(正直一番希望していたのは主人だと思いますが)希望通り、一番近郊の工科大学へ行けることになり、家族全員喜んでいます。

主人の出身大学でもあり、近郊でもある上、一応ドイツに11校あるエリート大学といわれている大学のひとつで、あんなに大して勉強しなかった(その上本当によく遊び歩いていた)長男が入れたのは正直私にはびっくり仰天でした。

化学科ということで、アビィの結果が2,5くらいであれば入ることには問題のない学科で、長男は2,1でしたので(ドイツでは点数が少ないほど成績がいいということです)この学部に入ることは特に問題ありませんでした。
この大学で特に大変なのは医学部と建築学部です。

ドイツで大変なのは日本同様、医学部と法学部でこちらはアビィが 1,0あるいは1,2くらいなければほぼ無理だと言われています。ただ万が一うちの息子のように2,1でもあるいは2,8くらいでも待ちリストというものに、申し込み、そして3年くらいまで待てば
ほぼ必ず医学部でも法学部でも入ることができるようです。

ただドイツの場合は本当の勉学は入学してから、ということで、特に理系の場合は最後の卒業までに約半分の生徒が脱落して単位を取れず中退していくことになるそうですから、3年待ってそのあと、若い生え抜きの優等生たちと肩を並べて最後の卒業まで勉強できるのかどうかは非常に疑問を感じますね。
よほど志が高くなければ、そもそも3年も待つことすらできないことでしょうし。

s_P1190236.jpg

今日は天気のせいか受付の校舎の前でたくさんの人がバカンス並みにお茶を飲んでいました。

s_P1190247.jpg
主人がなつかしがって学生食堂まで見に行った私たちでしたが、明るいメンザ(ドイツ語で学生食堂)で主人の頃とは全然違って素敵になっていました。

入学手続きも終わりホッとした私たちでしたが、これはあくまでも招待状にすぎません。
化学という科目は、博士号まで取らなければ就職は難しいとも言われているくらいで、その上、脱落者は多いわけですから、最後までたどり着くためにこれから大変な努力がはじまることになります。

ギムナジウムで大学受験といっても私たち日本人からみれば、なんだか普段より少し勉強しているくらいの状態で今まで過ごしてきた子供たちが、ドイツの大学で初めて勉学というものを体験していくわけですから、親としても正直心配はあります。

ただなんということか偶然なんですが、幸いにして2歳くらいからの幼馴染(幼稚園、小学校、ギムナジウムとクラスまでずっと一緒だった親友の一人)まで同じ化学へ進むことになり、そういう幸運もあるので、2人でこれからも助け合って頑張ってほしいです。

大人の階段を上りはじめた長男の一歩が、今日ついにスタ-トしました。

長男のアビィパーティー

160624 060
週末は長男のアビィパーティーでした。
日本で言う卒業パーティーですね。
ということで家族全員で出かけていきました。
160624 024
彼のギムナジウムはカトリック系で構内に教会もあれば、修道会もあるのでこういった行事の際には、いつでもまずミサから
始まります。
160624 131
その後は場所を変え、講堂で3人づつ呼ばれて成績表が渡されます。
女の子たちのドレス姿の素敵なこと。。。
後ろの写真は生徒たちの子供時代の写真です。
いいアイデアだと思いました。
160624 102
長男は中庭で仲良しグループで写真を撮り、
160624 055
インタ-ナショナルなママ軍団の私たちも負けじと皆で写真をとり、(私は中国人の友人に着物で来るように言われ着物を着て行きました。彼女はチャイナドレス、他の方たちはオ-ストリア人、ベトナム人、インド人とケニア人です)
160624 070
生徒たちは風船を飛ばしました。
その時の夢のように美しかったこと!!
160624 248
最後は会場をかえ、飲み放題と食べ放題で皆、それぞれ自由に楽しみ
160624 272
最後は生バンドが来てディスコパーティーになり、私たち家族は夜中の1時半に家に着きました。
長男達は朝の4時まで残り、朝方皆で朝食まで食べて、7時に帰ってきました。

疲れたけれど楽しい一日でした。

長男ももうすぐ大学生の仲間入り(予定)です。
親の勤めもそろそろ終わりといってもいいでしょうか。

長男 アビィ結果1

今日はうちの長男(17歳)の最後のアビィの試験でした。
最後の試験は、化学の口頭試験で、今日の口頭試験のため、うちのギムナジウムは全学年休講で、次男は自由な日を昨夜から満喫し、長男はいつになく「あぁ-緊張する~」と情けない声を出しながら登校していきました。

試験は1時間、課題を与えられ、最初の30分で準備、その後の30分で先生の口答試験を1対1で受けたそうです。

昼には試験も終わり、午後に本人から結果報告の電話が。
あんなに緊張していて大丈夫なのかしらと思っていたら、結果はなんと「1」!!

ドイツでは「1プラス」の次に100点に近いという素晴らしい点数なんですが(その次は「1マイナス」で「2プラス」「2」「2マイナス」…と点数が多くなるほど悪い点になり、「5」まで来ると絶望的な点数で不合格間違いなしという感じです。
「3」と「4」が多い場合は、正直どこの大学、どこの学部へ行けるのかは全く疑問、という感じになるかと思います。

友人の結果を聞いてわかったのが、「化学」の口答試験の成績ではなんと学校で1番の成績だったということで、まあ、なんといおうことか、思いもしなかった快挙に本人はじめ私達もかなり驚いています。

ただ、4月中に受けた筆記試験の「ドイツ語・英語・歴史」の結果は6月初旬までわからないので、アビィの平均が何点くらいになるかはわかりませんが、おおよその見通しでは大学では「化学」系を選択することになるような気がします。
今回の結果ですっかり気をよくしている長男なので。。。

それにしてもこちらのアビィ試験は日本の大学入試を知っている私達には結構楽チンに見えてしまいーというのも4月に3教科だけ、それも週に1回ずつくらいの割合でテストがあり、今回の口答試験にいたってはその筆記試験から3週間くらい時間があってからの試験だったように記憶していて、1教科あたりにたっぷり勉強する時間があるという感じだからです。

長男は「このストレスから明日には解放される」と昨夜は喜んでいましたが、私の日本での中学高校での中間・期末テストですら、ドイツのアビィ試験より大変だったんじゃなかろうか、となんとなく思い起こされます。

ただドイツはここまでは楽ですが、本番は大学生活が始まってからなんで、秋からが本当の本番ストレスが始まるのだとは長男もきっとまだわかってはいないでしょう。
本当のストレスとはどんなものなのか、真実を知るのはもまだほんの少しだけ先です。

大学1年生で、何人もの学生が退学していき、最終的に卒業できるのが理系ではなんと半分だけというのですから、恐るべしドイツの大学です。日本とは何もかも正反対のシステムですから、どちらがいいとか悪いとかは言えないと思いますが、大学とは真にアカデミカルな人達のためというのが、ドイツ風でしょう。

アビィで1教科「1」を取ったくらいで、ぬか喜びはできないということですが、この成功体験が自信になり「自分はやればできるはず」と自分自身を信じて、一歩一歩勉学の大変さを乗り越えていってほしいです。

とにもかくにも、彼の本番はこれからです。


週末は試合で、今回も6対2で勝ちましたが、今度の土曜日はリーグ戦1位(うちは2位)チームとの対戦です。
160508 003
アビィも無事終わりスッキリしたところで、この事実上の決戦にのぞんで、存分に戦ってほしいです。

フランスからの交換留学

昨年12月に来るはずだった、次男の交換留学生アントワン君が、4月の最後にやっと我が家へ来ることができました。
昨年パリのテロのあと、フランスの学校では交換留学、修学旅行あるいは遠足まで、学校単位で外国へ行くということが軒並み禁止され、久しぶりの再会を楽しみにしていたのに、12月に彼が来るはずが中止になっていたんです。
160429 031

毎回次男が5日間あちらの家庭に滞在させてもらい、アントワン君もうちに5日間滞在というのが通常なんですが、やはりテロ問題がまだ尾を引いているのか、今回の滞在は3日間だけで本当にあっという間でした。
3日間ということは2晩だけホストファミリ-と共に時間があるということで、そのうち1晩は次男はサッカ-の試合で、次男のほかの友達とアントワン君と一緒に観戦、それで可哀想に思ったので、2晩目はラ-メンを食べに連れていきました。

30kmほど離れた学生の街にはお寿司屋さんもたくさんあり(ドイツの若人にお寿司はブーム中)、その中の一軒のお寿司屋さんではラーメンが食べられます。オーナーさんは日本人ではないようなんですが、かなり日本のラ-メンに忠実に作られていて、中でも照り焼きラーメンはうちの息子達も大好きなんです。

しかしながらアントワン君のお口にはあまり合わなかったようで、今ひとつおいしそうにはしていなかったのは残念でした。
やはり最初なんで、日本人の経営する「本物本場ラーメン」に連れていけば良かったのかも知れませんが、うちからそこまでは70kmくらいあるので、夜から行く気分になれなかったんです。。。

でも今回あまりに短い滞在だったんので、夏休みにもう一度我が家へ来てもらうことを約束して別れました。
ドイツの夏休みは6週間ですが、フランスは8週間なので、結構時間がたっぷりあります。

それにしても次男にしろアントワン君にしろ(他の生徒にしろ)、次男のフランス語、アントワン君のドイツ語共に「なんちゃって仏・独語」のままで、この3年間学校でなにを勉強してきたのかしら、とまたもや思いました。だって私の「なんちゃって仏・独語」以上のひどさなんですから。
日本語から仏・独語を勉強することを考えれば、独語が母国語の次男がフランス語を習得するのはそこまで大変ではないと思うんですが、彼はドイツ語の親戚のような英語もちんぷんかんぷんのままのようです。
フランス人のアントワン君はそもそも「世界で一番美しい言葉」と言われているフランス語が母国語なんで、ドイツ語を無理矢理勉強する必要は特にないのかもしれません。欧米社会ではフランス語と英語が上手なら鬼に金棒でしょう。

ただ次男の友人はみな思春期も後半で、交換留学に興味がない子供が多くなり、みんなが交換留学をしない中で次男が今年も続けたことは評価したいです。アントワン君にしても同じです。
このまま国を超えた友人としてお互いに成長していくうちにいつか言葉も覚えてくれると良いですが。。。。
…というか、少しは真面目に勉強するモチベーションのひとつになってくると良いです。
FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック