プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

マルゴとの別れ

実は色々忙しくて1月から5ヶ月くらいこちらのブログを更新できなかった間に、マルゴとの別れがありました。

主人にマルゴを託して、子供3人と10日ほど日本へ帰国していた私達が、無事帰国してから約2週間後、マルゴは体調を崩して亡くなってしまったんです。
ある日とてもぐったりして昏々と寝ていたのですが、以前にもそんなことがあって持ち直していたので、大丈夫かと思っていたら、次の日もまだそんな状態で、夜獣医さんに連れていった時には、体温が非常に下がっていて、回復は無理だろうと言われ、注射での安楽死でした。

原因は何か毒のある草でも食べたのでは、ということでした。
彼女はうちの庭にしか出ない、臆病さんでしたが、庭へ出ればやはり気持ち良いのか、すぐに室内には戻ってきませんでした。
それでも本当に怖がりなんで、1時間も出ていれば満足するようで、何時間も家を不在にすることも、よその庭へ行くこともなかったのですが、それでも何か変な草を食べてしまったようでした。

獣医さん曰く、猫というのは体調の悪さを決して表に見せないということで、それは自然界の他の強い生き物から狙われないためだと思うのですが、体調が悪いのかな、とわかる頃には随分と悪化している状態なのだそうです。
そしてどんどん体温が下がり、猫にとって体温が下がるのというのはもう致命的なことなのだそうで、本当にあっけなくマルゴは逝ってしまいました。

まだ7歳で、人間で言ったら45歳くらいなんでしょうか、まだまだ生きられる年齢でした。
お墓を作って庭に埋めてあげたのですが、最後にお墓にマルゴを入れた時には、普段ならもう一人前の男にでもなったつもりのように強がっている15歳の次男が号泣していました。
こんなことなら、もっと色々してあげられたのにと、つくづく後悔しましたが、全ては後のまつりでした。

次男はもう動物はいらないと言ったのですが、ずっと泣いていた三男と、また主人のたっての希望で結局5月には新しい子猫を飼うことにした私達でした。

ブログに書こうかどうしようか、迷っていたのですが、日記代わりの私の記録記ということで、今回マルゴの最期を書くことにしました。

マルゴの写真と共に、この場でもう一度彼女の姿を心に焼き付けておきたいと思います。

ps_2017_07_28___19_39_02.jpg
(来たばかりの頃、品の良いペルシャ子猫でした)

160304 048
(貫禄が出てきたマルゴちゃんでしたが、臆病で家の人にしか会いたくない、性質はいつまでも子供みたいなマルゴでした。
この後ろの水仙も子供や猫にはも猛毒ですが、この時はもちろん食べていませんでした)

もし猫が具合が悪そうになったら、必ず、たくさんたくさん暖めてあげて下さい。
体温が下がることが一番危ないと知っていたら、きちんと予防できて、マルゴもまだ元気だったかもしれません。

色々なことが悔やまれる、マルゴとのお別れとなりました。

マルゴの友達-ロメオ君

この4日くらい毎日うちの庭に1匹の
猫ちゃんがやってきます。
お目当てはマルゴなんですが、実は
この子がうちに来るようになってから
もう1年以上が過ぎています。
最初も1週間ほど通いつめ、その後
ぱったり来なくなり、忘れた頃にまた来たりと
この1年半の間に、もう30回以上はうちの庭のテラスまで
やってきて、座り込んでマルゴを待っています。
150410 001

来た当初はほんの赤ちゃんネコで
お腹がすいてきているのかと思い
ご飯やお水をあげたのですが、それには
一切口をつけないところを見るとどうも
どこかの飼い猫さんのようです。

きれいなオレンジの毛並みと、この子の
最大の特徴は全く人見知りしないことで
うちの一家が庭へ行くと「みゃんみゃん」鳴いて
何か訴えています。
でも目的は食べ物でもうちの家に入ることでもないようなので
そんなことから推測するに、多分
「ねぇねぇ、あの女の子はどこにいるの? 会わせてよ」と
言っているのに違いないのですが、当のマルゴは
自分とは全く違う色でその上、毛も短いこの子を
自分と同じ種類の動物とは思っていないのか
あるいは自分は私達家族と同じ人間だ、くらいに
感じているのか、このオレンジ君(オスのようです)が来ても
興味ないのか怖いのか、さっさと部屋の奥へ戻ってしまいます。
庭で鉢合わせしようものなら、「シ-」と唸って
彼にそばに来させないくらいです。
マルゴは攻撃的な猫ではないのですが、極端に
怖がりなため、人間のお客さんでも来た時は姿を
隠すぐらいですから、それは猫相手でも同じなんでしょう。
怖いからとにかく威嚇してそばに来させないようにするのですが
かわいくてやさしそうな上とっても賢そうなオレンジ君は
マルゴの「シャ-」にもめげず、「ミャウ」と小さな愛らしい声で
マルゴに返事をしています。
マルゴは避妊手術もとうの昔に済ませた女の子なんで
どんなにオレンジ君が頑張ってもどうにもならないのに
健気でかわいそうになるほどです。
150410 003
一日、寝るか食べるか(でも少量)ボ-ッとしているかだけのうちの
マルゴに比べると百倍は頭が良さそうなオレンジ君なので勝手に
ニックネームを付けることにして、ロメオ君にしました。
もちろん「ロミオとジュリエット」のです。
それで次男にそれを話すと、うちで一番マルゴになつかれている次男は
「でもマルゴはこの猫じゃなくて、自分(次男)のことロミオと思っているだろう
けれどね」とのことで、自分でもマルゴを可愛がっている彼は、このオス猫の
ことはどうも「にゃんにゃんうるさい猫」と思っているようです。

すごくきれいで賢そうな目をしたロメオ君なので
うちの子にしたいくらいです。
あまり頭がシャ-プとは言えないマルゴのためなんかに
本当に健気なロメオ君です。

150410 008
ところでイ-スタ-もとっくに終わったドイツではありますが
この時期よく食べる「クランツ(リ-ス)」という名のパンを
今日は朝ごはんにいただきました。
ふわふわの白いパンに薄切りア-モンドとお砂糖がおいしいです。
この時期とクリスマス前にパン屋さんで並びます。

マルゴ 2

久しぶりにうちの姫、マルゴのことを書かせて下さい。
101103 024
3年前うちに来たばかりの時はこんなに小さくて愛らしかったマルゴも
130817 022
今ではすっかり、こんなに(でもそれほどでもなく)大きくなったんですが
私が彼女を゛姫゛と呼ぶのには理由があります。
130816 011
今でこそ(我が家の家計のせいで)、こんなカリカリも
食べてくれるようになりましたが、うちに来た当初は
130816 017
この高級カリカリしか食べない猫様でした。

彼女の生家は、ペルシャ猫御殿で、ゴ-ジャスなリビングル-ムに
白い毛皮の上に、おすましして座っていた、真っ白な超美形ペルシャさまが
お父様だったようで、この御殿では猫様のカリカリはこの、おフランス産
ロイヤルカナンだけだったようで、缶ヅメの猫缶も当時はまるで食べない仔猫でした。

上のビスカス 1kg  400円くらい
下のロイヤルカナン 400g  700円くらい

うちではこうやって2つのカリカリを混ぜて食べてもらっているんですが
本当にうちなんかにもらわれてきて、かわいそうなマルゴだったかもしれません…。

マルゴがお姫様ねこというのにはもう一つ理由があり
彼女は外にはでない猫ちゃんなんです。
130817 001
応接間から庭を眺めているのは好きですが
ドアが開いてもめったとは外に出ようとしませんし
130816 022
やっと出ても、テラスで1分くらいウロウロして、外の道から聞こえる
人の声に驚いて、いそいで部屋に戻ります。
私たちがテラスのドアを閉めようものなら、あわてふためいて
急いで部屋に向かってかけこんできます。

彼女のその生家では、おじい様やもっと前の世代から
お外には出たことがないため、外に出るということが
どうもわかっていないようなんです。。。ネコなのに…。

うちにお客さんが来ればそれも怖くて、地下に隠れにいき
お客さんの前には全くでてきませんし、もう本当にこの極度のシャイさも
゛おんなのこ~゛という感じで娘のいない私を癒してくれます。。。

安いカリカリを混ぜちゃうような、うちの家でマルゴには気の毒なんですが
でもうちにとっては本当にマルゴみたいな大人しいネコ様で嬉しいです。
ワイルド系はうちの3匹で、もうじゅうぶんです。
それでもさすが猫で、運動神経は抜群なんで、さすがにその点は
うちの息子達からも尊敬を勝ち取っているマルゴです。

…でも猫にしては、ドンくさいんですけれどね…
虫を捕まえるのも苦手ですし。
でも、姫ですから仕方ないです。

かわいいです。


マルゴの紹介


今日はうちの一人娘の紹介を…。
2年前我が家へもらわれてきたマルゴはブル-ペルシャの
お姫様です。娘が欲しかった私に恵まれたのはどういうわけか
3人の息子でした…。もちろん息子達もかわいいですが
動物を飼うなら゛絶対女の子゛と決めたのは当然でしょう。

ですがうちのマルゴ、ペルシャのお姫様にしては
あんまり美形ではないんです。
なんだか時々、狸のようなお顔です。
でも鳴き声は小さくてはかなげで、本当にかわいいです。
それに赤ちゃんの時はそれはもうお人形さんみたいでした。
うちに来た時の生後3ヶ月の頃の写真をみていただければ
どれほど彼女が愛らしいねこちゃんだったかわかっていただけることでしょう。


101107 006
ピンクが良く似合う、お姫さまみたいなマルゴ
101107 009

ペットは飼い主に似るっていうので、うちに来て私に似てきて
かわいげないお顔に変化していっているんでしょうか…。
だとしたらかわいそうなマルゴです…。
赤ちゃんの頃のお顔の愛らしさは、どんどんなくなっていっている
なんだか、-どうしちゃったのマルゴー です。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック