プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

9年前のCenter Parks

今回このベルギーのセンターパークへ行ったのは、家から近くリーズナブルだったという理由以外にももう一つ思い出を確認したいという思いがありました。
9年前、長男が10歳になる年に、実はサッカーチームの皆でもやはり同じ所へ行っているんです。
093_04_07_08_163.jpg
チームの子供10人、監督さん2人、そしてどういうわけか私と主人と、次男と2歳になる直前の三男まで一緒に参加させてもらいました。
084_04_07_08_151.jpg
その時、子供たちがとても喜んでいたのは、もちろんプールとそして、この海賊島探検ランドでした。
023_04_07_08_046.jpg
夕焼けの湖の岸でも喜んでいました。
022_04_07_08_045.jpg

そしてもうひとつの大きな思い出ですが、その時は助監督のMさんも一緒に来てくれました。
彼はお嬢さんが2人で、まだ小さくサッカーもしていなかったので、全く私達の子供達のために使うためだけに4日間もの時間を費やして、同行してくれたんです。(監督のRさんは長男君がチームにいましたから、パパとしても兼ねての同行でしたが)
107_04_07_08_180.jpg
まさかそんな優しいMさんが、半年後に亡くなるとはこのときは誰も思いませんでしたが…・。
出張先のホテルで心臓発作を起こし、突然急死してしまわれたんです。
まだ40歳という若さで、その上、奥さんは妊娠中、待望の男の子を待ちわびる日々を送っていた矢先のことでした。
その発作がもしホテルではなく、自宅でのことだったら、誰かがそばにいる時なら、もしかして亡くなるなんてことにはならなかったかもしれないと、その際奥さんも周りも本当に悲しい思いをしたことでしょう。

お葬式の日、チームの子供たちが円陣になって、彼を偲んで泣いていたことは今でも忘れることができませんが、でも奥さんやお子さんの悲しみはどれほどだったことでしょう。
下のお嬢さんはまだほんの3歳で、その3ヶ月が生まれてきたE君は一度もお父さんに会うこともできなかったなんて、あまりに悲しい話です。
E君も今ではもう8歳になり、村で元気に遊んでいる彼を見かける度に、あの時うちの息子たちはじめ、よその子供たちがはMさんと素敵な4日間を過ごせたのに、何故彼のお子さんがそれはできなかったんだろうと、とても申しわけない気持ちにかられてしまいます。

あんなに若くして亡くなると知っていたなら、よその子供達のために時間を使う必要なんてなかったのに、彼は本当に素晴らしく優しい人で、そして、若くして亡くなってしまいました。
彼のことを思い出すと、神様が自分のそばに置きたい人は早くに亡くなるという話は真実なのでは、といつも思ってしまいます。

8歳になった息子さんのE君には、亡くなったMさんの面影が残っていて、彼の息子と遠くからでもすぐにわかります。
大きくなったら、生き写しのようになったら、Mさんが戻ってきたように皆感じてしまいますよね、きっと。
024_04_07_08_047.jpg
9年前、みんなで過ごした本当にとてもきれいな4日間だったんです。

ついに11部リ-グから10部へ昇格 その2

それで先週末はこんなチラシが村の各ポストに配られました。
170610 010
土曜日は今季最後の試合なので、無事10部リ-グに行く村のチ-ムのお祭りに参加下さい、というチラシだったんです。
170610 012
ソ-セ-ジに色々なボランティア女性達の手作りサラダを食べながらビール片手にサッカ-観戦。
170610 031
私の15年来のママ友は、チ-ムの写真が張ってある(これも食べられる)サッカ-場型ケ-キを持ってきていました。
170610 028
サポ-ター軍団はここぞとばかりに、爆竹や煙を放出してモウモウにし、後方の道路を見えない状態にして運転者たちにクラクションを鳴らされていました。
170610 024
その前では選手がトロフィ-を皆でかかげ、その後はトロフィ-にビ-ルを注ぎ、皆でおおはしゃぎでした。
170610 040
村人たちは夜まで宴会を楽しみ、DJは呼ぶは、10時半過ぎには打ち上げ花火まで出たという、なんとまあ、本当に村をあげてのお祭りだったわけです。
それもそのはず、100年の歴史を誇る、村のサッカ-チ-ムが10部に昇格したのは100年の間になんと3回だけ、ということで、昇格してもすぐ降格というお粗末な歴史しかないため、10部くらいでもうちの村ではもう十分大きな出来事だったわけです。
 
と、まあ、相変わらず週末はなんやかんやと忙しい村の生活です。

ついに11部リ-グから10部へ昇格

170515 089
街のサッカーチームから「俺らの夢を叶えるのを手伝ってくれ」と村の青年団に1年近く口説かれ続け、万年最下位リーグから抜け出せないしょうもなく弱小の村のサッカーチームへ長男が帰ってきてから約1年 ― ついに村のチ-ムはその目標通り、10部リーグへの昇格の夢を果たすこととなりました。
170515 040
今期30試合中、28試合(1試合同点、1試合負け)の勝利をおさめた我がチームは、1ヶ月前には来季昇格は決定となり、その日は村人もたくさん集まり、既にもはやお祭り騒ぎでした。
170515 063
見に来てくれた村人達にお礼のあいさつ
170515 060
その後はビールや水のかけあいっこ
170515 047
みんなで芋虫(? 名前は知りませんが、なんだかそんな感じ)ダンス
170515 077
そして一人ずつひざまづいてのビールの洗礼
170515 073

でも今季なんといっても大活躍だったのは村の応援団でした。
170515 030
村の青年団の応援団たちは、試合のたびに太鼓やラッパ、拡声器を持って応援に駆けつけ、選手の闘志を鼓舞し、健闘を称えました。彼らもまた25,6歳の若者で、選手の友人、幼馴染、あるいは兄弟だったりするのですが、この木のベンチを手作りで作ったのが、3月くらいのことで、ホ-ム試合ではここに陣取り、遠征試合では取りあえずおそろいの服を来て、旗を持って駈け付ける、なんとも頼もしい応援団なんです。

サッカ-場はみすぼらしく、更衣室は超古くてボロボロ、夜の試合でもライトもないような、人口770人の村の本当にしょうもない超弱小サッカ-クラブですが、こんな応援団がいる素晴らしいチ-ムです。

「夢はかなう」と体現できた彼らは本当に幸せだと私は思います。
例えそれが11部リーグでの夢でも、それでもそこに仲間がいて、それが皆小さい頃からいつも一緒だった幼馴染や親友、当時子供時代にかわいがってくれたティ-ンエイジャ-だった憧れのお兄ちゃん軍団なんですから、他に望むものなんてないでしょう。
そしてその彼らの夢に、みんなの予想通り貢献できた、これまた幸せ者の長男でした。
一番年少(本来であればU19のチ-ムにいたはず)で一番小柄な長男は、チ-ム内3本の指に入るベストプレーヤーで、贔屓目でもなんでもなく、彼無しにこの夢は叶うことはなかったことでしょう。

こんな村のサッカ-チ-ムに帰ってきて、今つくづく幸せをかみしめている長男でした。

リーグ戦 シーズン開幕

久しぶりにサッカーです。

長男はこの夏からうちの村のサッカーチームに戻ってきました。
近郊のちょっぴりレベルの高いチームに4年前に移った時には、「もう2度と自分は村のサッカーチームなんかには戻らない」と言っていて、半年くらいまでその決心はかわっていなかったんですが、1年以上村チームにラブコールを受け、ついに固かった決心もくずれれたのはこんな理由からでした。

1つは、彼はまだ18歳なんで、本当は18歳の子供たちが入る、A1のカテゴリーにいなかればならないが、村だと大人のチームに入ることができるため。(大人というのは本来19歳以上です)

2つ目は、本当にチームからの1年以上の猛烈なアタックを受け、長男が帰るなら、他にも数名の選手が上のリーグをやめて、村に戻ると提案してきたため。

3つ目は、11部という最下位(この近郊は12部までですが)リーグを、村の皆で一丸となって一歩づつリーグをあげていこうじゃないか、という夢を村の若者サッカー選手君達が願って、長男もその夢を一緒に見るようになったため。

…とこのような理由からでしたが、ボランチでのスタメンも約束され、小さい時代の幼馴染、その頃憧れのお兄ちゃんたち、子供時代3年くらい毎日共に過ごしていた5歳年上の当時の親友、そして今ほぼ毎日一緒にいる1歳上の大親友と共に、田舎村サッカーチ-ム・リーグ昇格を賭けた夢の年がスタートしました。

先週第1試合があり、8対0にて勝ち、そのリーグ内(約10チ-ム内の)での今週のベストイレブンにうちのチームから5名が選ばれ(ドイツではプロチームだけではなくこんな11部のアマチュアチームですらインターネットでベストイレブン選出のようなサイトがあります)、なんと最年少でありながら18歳のうちの長男もベストイレブン入りを果たしました!

11部という最下位リーグ内のベストイレブンに入れたからといって、どうということはないのですが、実は私はサッカー好きではありますが、サッカー音痴でもあるので、村の大人のチームがあんなに鳴り物入りで誘ってくれているけれど、蓋をあけたら小柄で役に立たない選手だったら、どうするつもりなんだろう、と長男を心配してました。

あんなにみんなで熱心に誘ってくれた意味があったのだとこれで証明され、本当に安心しました。
だって実は私自身が、なんでそんない頑張って誘ってくれるのかしら、みんな何か間違った期待をしているのではない?
あるいは、なにかの勘違い? 随分オーバーなこと…と思っていたものですから。。。

アマチュアリーグを目指したのは、そこでお小遣い稼ぎができることを願ってのことでしたが、さすがに貧乏11部リーグではガソリン代くらいしかくれないようなのですが、でも村中で昇格するんだ、という夢を追うお兄ちゃん軍団-そのお兄ちゃんたちは長男が10歳くらいのときには、ちょうど17歳くらいで長男の憧れのお兄ちゃん軍団だったんですが、本人はもうそれは忘れているようです- の仲間に入れてもらい、
「お前がいればできるかもしれないんだ、だからお前が必要なんだ!」とよってたかって彼らに言ってもらえる長男は本当に幸せ者だと思います。

長男はどちらにしても高額のお小遣いをもらえるアマチュアリーガーにはなれそうもないので、ほんの少しのお小遣いをもらうくらいなら、こんな夢で頑張る人生をもらうほうが、後から思い出せばはるかに意味のあることでしょう。

彼の行く場所はいつも素敵な男の子軍団の仲間で満ちて、本当にキラキラした青春時代を過ごしています。(少し遊ぶ時間が多すぎる感はありますがネ…)
楽しそうで羨ましいです
いつも彼のまわりではボーイズ軍団しか見かけないのは少々気の毒な感じはしますが、本人はそれでもとっても幸せそうです。。。

長男 サッカ-戦 決戦戦

昨日は長男のサッカーのリーグ戦1位決定戦でした。
160514 005
激戦の末、終了5分ほど前のところで、ついに相手チームに1点入れられてしまい、反撃をしかけましたが、残念ながら時間切れになってしまい1対0で負けてしまいました。
160514 029
決勝戦だったこともあり、終了と同時に表彰式まであるという状態でした。
勝ったチ-ムは円陣組んで大はしゃぎ、負けたうちのチ-ムの子供たちは肩を落としてがっかりと、これもよくある大切な試合後の風景でした。
またこんな大事な試合だったせいか、観客もいつになく多く、150人くらいは見に来ていました。

それでうちのクラブの関係者には日本人のサッカ-留学中選手や日本人とドイツ人のハーフのお子さんもいて、ちょうど座っていた観客席の私の周りは日本語をしゃべれる少年君ばかりで、右を向いても左を向いても試合中日本語で会話ができる状態だったのは、ここドイツでは正直夢のような、ありがたいことでした。

というわけで、残念な試合結果でしたが、また来期に向け頑張ってほしいです。
今回負けたチ-ムはほぼ年が1年上の選手が多くいるチームだったので、その点では仕方なかったです。
対戦相手の「勝ちたい気持ち」の方が、ほんの少し上だった、ということですね。。。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック