カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


さくらが3Dで降るブログパーツ ver2


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
71位
アクセスランキングを見る>>

ブルージュのクリスマス

DSC_0091.jpg
クリスマスはまたブルージュで過ごしました。相変わらず白鳥がたくさんいます。
DSC_0103.jpg
スケ-ト場もありましたが、昨年まではマルクト広場だったのに、今年からはこの愛の泉公園近くの湖の上に特設されていて、なんと氷ではなく人工的な床だったそうで、うちの三人息子達には不評でした。
DSC_0116.jpg
昨年まではこの場所にあったんですけれどね。
DSC_0117.jpg
ブルージュの鐘楼です。
DSC_0125.jpg
馬車の音が美しい街なんです。
DSC_0124.jpg
クリスマスらしいものを見つけました。
DSC_0123.jpg
とってもピンクなお店で、可愛いのですね。店員さんまでピンクの洋服でした。
DSC_0112.jpg
たくさんのサンタさんと、光り輝くきれいな電車です。
DSC_0110.jpg
どこもかしこもクリスマスだらけ。
DSC_0129.jpg
美しい大きなクリスマスツリ-の下には
DSC_0113.jpg
大理石か何か特別なものでできているのでは、というようなイエズス様の降誕祭の像がありましたが、今回色々見た中で特に美しいと感じた像でした。

次回はブルージュでのお薦めレストランについて書きますね。


リンブルグ公国の由来になった町- ランブ-ル

最近ベルギーのドイツとの国境沿いまで行くことが多く、週末はベルギーのリエージュ州のランブ-ル(仏語:Limbourg)という小さな町へ少し足を延ばしてみました。
DSC_0138.jpg
途中こんな平原の中にある素敵な豪邸を眺めたり、途中乗馬で道を走る人とすれ違ったりしながら車で丘の上まで登っていくと
DSC_01410000.jpg
こんな教会がありました。
DSC_0142.jpg
なんだかすごく古い教会のようです。
(サン・ジョルジュ教会)
DSC_0145.jpg
この町の歴史の展示会までしていて、中世的なドレス姿の服装の女性達が何人もいました。
DSC_0147.jpg
1632年のリンブルグの町の模型。

現在この町は24,63 km²、人口6000人程の小さな町ですが、ここはもともとこの名前がリンブルグ公国の由来になったとのことでした。
リンブルグ州という、この名前のついた州が現在もベルギー・オランダそれぞれに1つずつあり、ドイツにもリンブルク・アン・デア・ラーンという名前の町がありますので、よく聞いていないとどこのリンブルグのことかわからなくなってしまいそうです。

リンブルグ公国はかの昔はリエージュ州北部から現在のベルギー・オランダの両リンブルフ州、さらにドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州の一部までまたがった広大な地域だったということなので、その名残が地名となって今でも残っているということなんでしょうか。
DSC_0149.jpg
最後は教会の近くにこんなカフェを見つけたので、カカオを飲んで帰路につきました。
DSC_0143.jpg
カフェの中までなんとなく牧歌的な雰囲気でした

イースターはブルージュで


昨年とその前のイースターには子供三人と日本旅行をしていたので、イースター休暇中にブルージュへ行くのは、なんと3年ぶりでした。イースターはクリスマスに匹敵する、あるいはそれ以上とも言われるほどのキリスト教の最大のお祭りなんで、欧米ではこの日は通常家族で過ごすことが多いと思います。

そしてイースターと言えばやはり家族で美味しいレストランでの食事会がベルギーでは主流のようです。
ドイツではどうなのはよく知らないのですが…主人一家はドイツ人ですが義両親にいたってはベルギ-での生活の方が長いので、ドイツのことはよくわからないこともあるほどで、外国人の私はもっと知らないです。

今回もマルクト広場から徒歩1分の最近義母が気に入っているレストランに連れていってもらいました。
P1080770.jpg
今は白アスパラの時期なので、前菜はアスパラ小エビソ-スがけ。
DSC_0549.jpg
そしてメインは子羊の骨付きラムチョップにしました。
私は毎年イースターではこれを食べないとイースターが来たと思えないほど、自分の中では必ずこの時期に絶対に食べたい子羊料理なんで、それこそ舌鼓をうっていただきました。

さすがにお腹がはちきれそうになり、私はデザ-トは辞退して、お腹のためにペパ-ミントティのいただきました。
P1080774.jpg
前回も書きましたが、この日本の鉄瓶がブル-ジュではとても流行っていて、どこのレストランでも出てきます。
ここのハ-プティは本当の葉っぱで本当に美味しいのですが、でも中を覗いて少しびっくり。
鉄瓶には葉っぱをこすための茶こし用金属が入っていますよね。

鉄瓶の中を除いてみたら、葉っぱはその茶こし用金属のには何も入っていなくて、茶こし用金属の下にパパ-ミントの葉っぱがひかれていました。こんな使い方なら一体なんのために金属茶こしが必要なのか、こんな使い方なら金属茶こしは取ってしまえば良いのに…などと思い、もしや本当の使い方を知らないのかなぁ、教えてあげようかな、とも思いましたが、日本茶の本当の淹れ方ならまだしも、ハ-プティの淹れ方を私はただ知らないだけ(でもそんなに難しいですかね?)かも知れず、余計なことを言うのはやめようとお店をあとにしました。

ハ-プティの淹れ方のほうが、日本茶の淹れ方より難しいということは多分100パ-セントあり得ないとは思うのですが、このような鉄瓶の使い方がハ-プティにおいては正しいのかどうかご存知の方がいたら是非教えてほしいところです。
P1080778.jpg
こちらは店内。

P1080779.jpg
お店から出てマルクト広場に出たときの感じ。

典型的ベルギ-レストランでの食事を楽しみたい方お薦めです!

゛Brasserie Raymond゛
Add: Eiermarkt 5, 8000 Brugge
Tel:+32 50 33 78 48



P1080766.jpg
街中いたるところにある、こんなカフェもベルギ-らしさを醸し出していて素敵でしょ?


ブル-ジュ マルクト広場

P1080521.jpg
なんといってもブル-ジュのマルクト広場もまたこの時期素敵なんですが、ドイツではクリスマスマ-ケットが12月24日でほぼ終了してしまうのですが、ここでは1月1日までクリスマスマ-ケットも開いています。
P1080530.jpg
このような歴史的建造物に囲まれた真ん中にはスケ-ト場が特設されます。
一人8Euroでスケ-ト靴も貸してくれて、何時間でも滑ることができます。
P1080506.jpg
それで今回見つけたのが、どういうわけかドイツのケルンの特産物(?)ケルンのオ-デコロンの4711という店でした。
なかなか手広く頑張っている4711だと感心しました。
P1080523.jpg
4711からすぐ近くにもまたドイツの Käthe Wohlfahrt というお店が。
こちらはドイツのローテンブルグ発祥のクリスマスの素敵な飾りつけがたくさん売っているお店なんですが、こちらもかなり手広く展開している老舗のようです。
ドイツのWikipediaによると、こちらのローテンブルグの本店には日本とアメリカから大変な観光客が訪れるとわざわざ書かれているので、日本でも有名なんでしょうか。よその国でドイツのものを見かけるとなんとなく嬉しくなる、気持ちはかなりドイツ寄りの最近の私なんです。
P1080520.jpg
で、やはりこの街で食べるのはムール貝がお薦めです。
P1080546.jpg
私は正直ム-ル貝は好きでも嫌いでもないのですが、今回は久しぶりに食べたら、やはり美味しかったです。
それでマルクと広場に面してたくさんのレストランがあるのですが、こちらの下のレストラン軍団(オベリスクのある方)は正直観光客用のレストランで値段も高い割りにあまりおいしくないそうです。
P1080528.jpg
せっかく美食の街へ行き、美味しくない上高いレストランへ行かないよう、どうか気をつけてくださいね!
ですが、マルクト広場のバ-ガ-キング並びの向かって右手のレストラン郡はこちらも老舗カフェなんで、高いかもしれませんがマルクト広場でどうしても行きたい場合はバ-ガ-キングを見つけて、広場を背にしてその右手の方角の数件先のレストラン郡へ行くと良いかもしれません。(馬車の乗降場所の近くです)
craen.jpg
こちらはそのレストラン郡のひとつの Huit Creanenburg という老舗カフェで、ここではドイツ神聖ロ-マ皇帝だったハプスブルグ家のマクシミリアン1世が囚われていたこともあるという、非常に歴史的な場所でもあるんです。
それくらい由緒正しいのであれば、他のお店よりかりに1Euroくらい割高だとしてもまだ多少は納得できますよね。
いつでも満員ですが、マルクと広場でお茶を飲みたい場合は是非行ってみてください。

゛Huit Creanenburg゛
Add: Markt 16, Bruges
Tel:+32 50 33 34 02

Center Parks にて休暇

2週間ほど前、子供達と過ごした今年の休暇は、ベルギ-にあるセンターパークというところでした。
170818 252
ここは大型休暇村で、コテージを借りて数日を過ごすことができます。
170818 291
私達が借りたのはこんな風な一番リーズナブルなコテージでしたが、VIPコテージ、大人数用コテージなんかもありますし、キッチンもついていますので、自炊ができます。
170818 168
敷地内にある大型プールをはじめ、
170818 059
人工的に作られた、海賊の冒険ランド
170818 049
ミニゴルフ(屋内、屋外2つ)
170818 013
ビリヤード、ボウリング場、ゲームセンター
170818 245
トランポリン、バドミントン、卓球、
170818 095
射的やレイザーゲーム、上のはペイントボ-ルと言って相手に当たると破裂して黄色い色がつくサバイバルゲームもでき
170818 256
湖では電動ボ-トから白鳥ボート、水上スキーまで楽しむことができます。
170818 137
大きな休暇村の中心にはやはり人工的な休み処があり、そこにはレストランやスーパーがあります。
170818 132
ちょっぴりディズニ-ランド風(?)のメルヘンチックはレストラン
170818 223
朝食のビュッフェもありました。

3泊4日で家族4人で500Euroくらいで宿泊できますが、行けば色々とアクティビティ-も体験したくなり、またもちろん食事も必要で、結局宿泊料金の倍くらいはかかってしまうのですが、それはどんな旅行でも一緒ですよね。

ベルギーだけではなく、ドイツ、オランダ、フランス、イギリスでも展開しているこのCenter Parks なんで、いつかフランスやイギリスにもいってみたいです。
170818 016
それで今回見つけた1番楽しかったものは、こちらの帽子でなんとカタカナで「ヨッシー」と「マリオ」と書いてあるではありませんか! しかも一字も間違いもなく。
「こんなものを外国で見つけて買わないわけにはいかない!!」と使命感にかられ、こんな予想外の出費もかさんだ休暇でしたが、楽しかったです
 | ホーム |  » page top