プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

ペンテコステ-聖霊降臨(せいれいこうりん)祭


170604 061
今日はドイツではとても大切な、Pfingsten という祭日で、うちの村では例によって、パレードが催されていました。
この聖霊降臨祭というのは、その名の通り、イエズス様の復活後、そしてその40日後に昇天された際、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという事を記念するキリスト教の祝祭日なのですが、そういうわけでイースターの50日後に祝うお祭りです。
そもそもペンテコステという名前は、ギリシア語で「50番目」を意味するペンテーコステー から来ているそうで、キリスト教ではけっこう大事な祝日にあたり、日曜日から月曜日までの長い祭日となります。
それでこの際の村祭りでは、上記のように着飾った若者たちが、夜村の集会場で舞踏会を繰り広げるわけです。
ディスコパ-ティではなくて本当にワルツなどを踊る、非常にロマンチックな舞踏会なんです。

でも今日私たちは、台湾からの3人のお客様が来ていて、主人と私と計5名で村の散歩へ行っていました。
主人の研究関係のお仕事のお客様でしたが、皆でケーキを食べて楽しく過ごしました。
170604 075
台湾からのおみやげだというのに、何故か日本語で書いてあったり(説明は中国語)、台湾でも日本のものが人気だということがわかりますね、実際彼らはいつでも親日家が多いですよね。
私は中国の月餅がだいすきなので、嬉しかったです

聖霊降臨祭(ペンテコステ)と5月祭り

今週末はイエスの復活・昇天後、集まって祈っていた信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったというカトリック教会の大事な祝日で、月曜日までは祭日、そのついでに火曜日まで学校はお休み、という子供達にとっては嬉しい週末なんですが、この時期楽しいのはマイフェストと呼ばれているドイツの5月祭りでもあります。

この時期ドイツの色々な町や村ではこんな風に大きな木があちらこちらで見られますが、これは例年4月30日に5月祭り実行委員会の手によって天高くたてられ、これが5月祭りの開始の合図となります。

それぞれの街や村には移動型遊園地が来て、小さな子供達も楽しいのですが、私が毎年楽しみにしているのはマイパレ-ドなんです。
13102326_230795733963020_290413951_n.jpg
こんな美しいドレスの若いお嬢さんたちが、燕尾服を着た若人達にエスコ-トされて街や村々をパレードにて練り歩きます。
160515 019
鼓笛隊の演奏とともに
160515 020
こんな風に練り歩くんですが、この5月祭りのメインペアはなんといっても「5月祭りの王と女王」様のお二人です。
koslar2.jpg
こんな風に飾られた家から出てくる2人はみんなに祝福され
koslar3.jpg
待っている馬車に乗り込み
街頭で観衆に手を振ってくれます。
まさにお伽話の「シンデレラ」みたいです。
夜は夜で会場で舞踏会もありますしね。

この「王と女王」様になるためには大変なお金と根回しも必要なようで、結構大変そうですが、娘がいたら是非一度この「女王」役をしてほしかったものですよね。
160515 002
きれいな衣装に身を包んだ、お嬢さんたちの姿に毎年うっとりの一日です。
FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック