プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

自然

私は自然が大好きなので、畑に囲まれているようなうちの村が大好きです。
…でも実は私は自然がとっても怖いんです。。。

例えば富士山。
遠くから眺める富士山はきれいですが、学生時代合宿していた山中湖の民宿から見える富士山は、窓いっぱいに広がってそびえ立ち、窓からそのままこちら側に落ちてきそうで、窓やカーテンをあけて眺める気にもなれませんでした。

宇宙旅行なんて壮大すぎて、あんな自然を見たら、その場で恐ろしさのあまり倒れてしまうことでしょう。

だからうちの子供達と行くのはもっぱら人工的な場所、前回ご紹介させていただいた休暇村のようなところになってしまうわけです。

それに引き換え、親友のカティ一家が送ってきてくれる休暇中のハンガリ-やル-マニアの大自然の美しいこと。
彼女の一家は山歩きが大好きで、主人とお子さん(男の子2人)で休暇中はよく山登り、夏は海、冬はスキ-と、自然の場所で楽しむことに慣れていますが、どこかで自然が怖い私はつい、気分的に安心な、作り物の世界のほうを選ぶ傾向があり、こんな親に育ったうちの三人息子は将来果たして頼りがいのある、父親になれるのだろうかと、一抹の心配をおぼえます。
自然に親しんでいない私と主人のもとで育ったうちの息子達は、山登りもキャンプもあまり好きではない、なんとなく情けない男子になってしまい、将来の私の孫には悪いことをしたな、と思っています。。。
情けないです。

先週私は実は用事で、山の中を運転する羽目になり、たった100kmの道のりを2時間かけて山道を抜けたんですが、その程度の自然は大好きで、木立の美しさ、突然目前に広がる谷、緑の葉の美しさ、時々現れる集落のかわいらしい家に見とれながら運転していました。
170924 012
実はもとっともっと美しい景色があったんですが、写真を撮るために停車することができませんでした。
その2時間中、ほとんど他の車を見ることもなく、おとぎ話の世界に紛れ込んだようだわ、などと喜んでいましたが、こうやって楽しめるのも車があってこそ。これを徒歩か自転車で(時々競技自転車の練習中の人がいました)、と言われたら一家そろって゛無理゛な男が4人もいる、なんとなく情けない我が家なんです。
170924 013
でも緑の中にいると心身の疲れが癒されますよね。
時間がかかって大変な山中のドライブでしたが、一人で車中満喫でき楽しかったです。

9年前のCenter Parks

今回このベルギーのセンターパークへ行ったのは、家から近くリーズナブルだったという理由以外にももう一つ思い出を確認したいという思いがありました。
9年前、長男が10歳になる年に、実はサッカーチームの皆でもやはり同じ所へ行っているんです。
093_04_07_08_163.jpg
チームの子供10人、監督さん2人、そしてどういうわけか私と主人と、次男と2歳になる直前の三男まで一緒に参加させてもらいました。
084_04_07_08_151.jpg
その時、子供たちがとても喜んでいたのは、もちろんプールとそして、この海賊島探検ランドでした。
023_04_07_08_046.jpg
夕焼けの湖の岸でも喜んでいました。
022_04_07_08_045.jpg

そしてもうひとつの大きな思い出ですが、その時は助監督のMさんも一緒に来てくれました。
彼はお嬢さんが2人で、まだ小さくサッカーもしていなかったので、全く私達の子供達のために使うためだけに4日間もの時間を費やして、同行してくれたんです。(監督のRさんは長男君がチームにいましたから、パパとしても兼ねての同行でしたが)
107_04_07_08_180.jpg
まさかそんな優しいMさんが、半年後に亡くなるとはこのときは誰も思いませんでしたが…・。
出張先のホテルで心臓発作を起こし、突然急死してしまわれたんです。
まだ40歳という若さで、その上、奥さんは妊娠中、待望の男の子を待ちわびる日々を送っていた矢先のことでした。
その発作がもしホテルではなく、自宅でのことだったら、誰かがそばにいる時なら、もしかして亡くなるなんてことにはならなかったかもしれないと、その際奥さんも周りも本当に悲しい思いをしたことでしょう。

お葬式の日、チームの子供たちが円陣になって、彼を偲んで泣いていたことは今でも忘れることができませんが、でも奥さんやお子さんの悲しみはどれほどだったことでしょう。
下のお嬢さんはまだほんの3歳で、その3ヶ月が生まれてきたE君は一度もお父さんに会うこともできなかったなんて、あまりに悲しい話です。
E君も今ではもう8歳になり、村で元気に遊んでいる彼を見かける度に、あの時うちの息子たちはじめ、よその子供たちがはMさんと素敵な4日間を過ごせたのに、何故彼のお子さんがそれはできなかったんだろうと、とても申しわけない気持ちにかられてしまいます。

あんなに若くして亡くなると知っていたなら、よその子供達のために時間を使う必要なんてなかったのに、彼は本当に素晴らしく優しい人で、そして、若くして亡くなってしまいました。
彼のことを思い出すと、神様が自分のそばに置きたい人は早くに亡くなるという話は真実なのでは、といつも思ってしまいます。

8歳になった息子さんのE君には、亡くなったMさんの面影が残っていて、彼の息子と遠くからでもすぐにわかります。
大きくなったら、生き写しのようになったら、Mさんが戻ってきたように皆感じてしまいますよね、きっと。
024_04_07_08_047.jpg
9年前、みんなで過ごした本当にとてもきれいな4日間だったんです。

Center Parks にて休暇

2週間ほど前、子供達と過ごした今年の休暇は、ベルギ-にあるセンターパークというところでした。
170818 252
ここは大型休暇村で、コテージを借りて数日を過ごすことができます。
170818 291
私達が借りたのはこんな風な一番リーズナブルなコテージでしたが、VIPコテージ、大人数用コテージなんかもありますし、キッチンもついていますので、自炊ができます。
170818 168
敷地内にある大型プールをはじめ、
170818 059
人工的に作られた、海賊の冒険ランド
170818 049
ミニゴルフ(屋内、屋外2つ)
170818 013
ビリヤード、ボウリング場、ゲームセンター
170818 245
トランポリン、バドミントン、卓球、
170818 095
射的やレイザーゲーム、上のはペイントボ-ルと言って相手に当たると破裂して黄色い色がつくサバイバルゲームもでき
170818 256
湖では電動ボ-トから白鳥ボート、水上スキーまで楽しむことができます。
170818 137
大きな休暇村の中心にはやはり人工的な休み処があり、そこにはレストランやスーパーがあります。
170818 132
ちょっぴりディズニ-ランド風(?)のメルヘンチックはレストラン
170818 223
朝食のビュッフェもありました。

3泊4日で家族4人で500Euroくらいで宿泊できますが、行けば色々とアクティビティ-も体験したくなり、またもちろん食事も必要で、結局宿泊料金の倍くらいはかかってしまうのですが、それはどんな旅行でも一緒ですよね。

ベルギーだけではなく、ドイツ、オランダ、フランス、イギリスでも展開しているこのCenter Parks なんで、いつかフランスやイギリスにもいってみたいです。
170818 016
それで今回見つけた1番楽しかったものは、こちらの帽子でなんとカタカナで「ヨッシー」と「マリオ」と書いてあるではありませんか! しかも一字も間違いもなく。
「こんなものを外国で見つけて買わないわけにはいかない!!」と使命感にかられ、こんな予想外の出費もかさんだ休暇でしたが、楽しかったです

マルゴとの別れ

実は色々忙しくて1月から5ヶ月くらいこちらのブログを更新できなかった間に、マルゴとの別れがありました。

主人にマルゴを託して、子供3人と10日ほど日本へ帰国していた私達が、無事帰国してから約2週間後、マルゴは体調を崩して亡くなってしまったんです。
ある日とてもぐったりして昏々と寝ていたのですが、以前にもそんなことがあって持ち直していたので、大丈夫かと思っていたら、次の日もまだそんな状態で、夜獣医さんに連れていった時には、体温が非常に下がっていて、回復は無理だろうと言われ、注射での安楽死でした。

原因は何か毒のある草でも食べたのでは、ということでした。
彼女はうちの庭にしか出ない、臆病さんでしたが、庭へ出ればやはり気持ち良いのか、すぐに室内には戻ってきませんでした。
それでも本当に怖がりなんで、1時間も出ていれば満足するようで、何時間も家を不在にすることも、よその庭へ行くこともなかったのですが、それでも何か変な草を食べてしまったようでした。

獣医さん曰く、猫というのは体調の悪さを決して表に見せないということで、それは自然界の他の強い生き物から狙われないためだと思うのですが、体調が悪いのかな、とわかる頃には随分と悪化している状態なのだそうです。
そしてどんどん体温が下がり、猫にとって体温が下がるのというのはもう致命的なことなのだそうで、本当にあっけなくマルゴは逝ってしまいました。

まだ7歳で、人間で言ったら45歳くらいなんでしょうか、まだまだ生きられる年齢でした。
お墓を作って庭に埋めてあげたのですが、最後にお墓にマルゴを入れた時には、普段ならもう一人前の男にでもなったつもりのように強がっている15歳の次男が号泣していました。
こんなことなら、もっと色々してあげられたのにと、つくづく後悔しましたが、全ては後のまつりでした。

次男はもう動物はいらないと言ったのですが、ずっと泣いていた三男と、また主人のたっての希望で結局5月には新しい子猫を飼うことにした私達でした。

ブログに書こうかどうしようか、迷っていたのですが、日記代わりの私の記録記ということで、今回マルゴの最期を書くことにしました。

マルゴの写真と共に、この場でもう一度彼女の姿を心に焼き付けておきたいと思います。

ps_2017_07_28___19_39_02.jpg
(来たばかりの頃、品の良いペルシャ子猫でした)

160304 048
(貫禄が出てきたマルゴちゃんでしたが、臆病で家の人にしか会いたくない、性質はいつまでも子供みたいなマルゴでした。
この後ろの水仙も子供や猫にはも猛毒ですが、この時はもちろん食べていませんでした)

もし猫が具合が悪そうになったら、必ず、たくさんたくさん暖めてあげて下さい。
体温が下がることが一番危ないと知っていたら、きちんと予防できて、マルゴもまだ元気だったかもしれません。

色々なことが悔やまれる、マルゴとのお別れとなりました。

変なホテル~ 舞浜 東京ベイ~

少し古い話なんですが、実は4月に日本へ行った際、日本で一度は泊まってみたかった「ロボットホテル」こと「変なホテル」に宿泊しました。
長崎のハウステンポスにしかなかったんですが、3月に舞浜に2号店がちょうどオープンしたのでこれ幸いと予約を入れたんです。
170408 441
フロントにて2頭の恐竜のお出迎え。
彼らの支持に従って横の機械でチェックインします。
170408 444
お部屋にはこんなかわいい卵形ロボット君「Tapia(タピア)」ちゃんがいて、言えば電気やTVを付けてくれたり、天気予報やニュ-スも話してくれますし、じゃんけんゲームなんかもしてくれます。
170408 437
お部屋ではこんなバーチャルリアリティーを楽しむ機械(スマホ付き)を貸してくれます。
ただし、この際は電話で人間のスタッフさんにお願いして、フロントまで取りにいきました。
170408 443
水槽に泳ぐ巨大金魚(?)もロボット。
170408 455
ロビーを散歩していたこんなかわいいロボット君、なんとゴミ箱だとはその時は知りませんでした。
170408 454
朝食はやはり恐竜をテーマの「ジュラシック ダイナー」でのビュッフェなんですが、品数は多くなくとも洋食、和食、中華風と一応全部そろっていました。

ここのホテル、舞浜駅からバスで2駅くらいで、ディズニ-ランドも近いですし、なんといっても辺鄙な場所の割にはホテルの前にコンビにもあり、なかなか便利でした。
ロボットではない人間のスタッフさんに用事があるときは電話でお聞きすることもできましたし、4人部屋に泊まった私達は部屋は狭かったですが、その分リーズナブルで満足でした。
そもそも日本ではこの時とばかり、一日出歩いていますし、ホテル到着は夜の10時くらいで、翌朝は成田から帰国ということで朝も早い私達には、ビジネスホテルみたいで、でもプラス遊び心もあるこんなホテルは楽しかったです。
いかんせん、少なくとも欧州にも、多分他のどこの国にもないこんなホテルに泊まれて、ドイツ育ちの息子たちには満足だったようです。
170408 439
リーズナブルにテーマパークのようなホテルに泊まれて、一番満足だったのは゛私だった(?)゛かもしれませんが…。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック